模様替え 大物の移動@自宅アトリエ

さて、昨日壁化した部分・・・の話の前に
ひとつ部署替えとなった棚について。
それはこの写真の窓の右下に見え隠れしているエレクター。


これは最近増えちゃって、というか増やしちゃって
置き場に困りつつある多肉部門への異動内示が。

・・・とその前に(またかい!?)
多肉ちゃんたちをふたつの課に分けました。

1課・・・株分けしたばかりの要監視鉢。
2課・・・ある程度安定している、または寄せ植えが施され
欲しい人には差し上げられる鉢。

まずは1課の場所を整えました。
それはキッチン横のベランダ。

ここにちびっ子を運び込みました。

で、いよいよ2課。
2課の事務所が、アトリエから運び込まれた
エレクターとなります〜。

途中経過は省いて・・・

これね。

さてさて、ここまでは下準備。

こんな力仕事をしているのは結局

これを移動したかったからなのです。

この背板のない棚、今まではアトリエの真ん中にあって
在庫の布などの置き場と作業場を分けていた感じなんです。

だけど、使い勝手がイマイチなのと
とにかくアトリエが狭いので・・・移動です!

移動した結果、天井付けのロールスクリーンに問題が!

それはまた明日。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

模様替え@自宅アトリエ

3日間、アトリエの模様替えをしてました。

大掃除と断捨離を兼ねて。
私にとって断捨離というのは
とっ散らかった自分の人生を
キュキューっと絞り込むこと。

・・・とは言ってもね・・・

全て「手芸」の世界の中でのことだから
狭い世界の中でさらに自分を狭めるだけなんだけど。
ま、でも土曜日の夜、突然そんな思いにかられ
取り掛かってしまったので続けていました。

とにかくその存在を布を張って隠すだけだった
北側の窓を窓じゃなくしたかったんです。

窓の壁化計画。


この写真の中で羊毛が並んでいるところ。

羊毛の棚をひとつ移動すると

出てきた、出てきた、画鋲でとめたチェックの布。

で、その隣の棚も移動して布を取ると・・・

ほら、窓。

この窓、隣の家の壁まで30cmほどだし
ま、開けたことないんですよ、1回も。
だから塞いじゃいたいんです。

というのを土曜日の夜に突然思いまして。

明けて日曜日、窓枠の大きさを測り
ホームセンターに行って断熱材とポリ合板を買い
あ、そうそう。そういう大きな板を買った時の
BUBUちゃんの便利さをご披露。

天井の2本のポールが超便利!

帰宅。
まずは窓を綺麗に磨き
虫来ないスプレーを噴射し
全面に備長炭シートを両面テープで貼り・・・

で、いよいよ。
ホームセンターのマイスターに
窓枠の大きさに切ってもらった断熱材をはめ込み。


その上から合板を打ち付けて・・・

横向きに打ちつけてある茶色い板は
塞ぐわけに行かない電気関係のあれこれのため
イザとなったら外せる程度に軽くおさえた物。

もう、これで完了。窓の壁化は。簡単。

この後、せっかく壁になったこのスペースに
あるものを移動してみたいと思ってしまったのですが

それは長くなりそうだからまた明日。

っていうか防備録でしかない
特に面白くもなんとも無い記事だね、こりゃ(笑)

でもどうせだから続きも書こうっと。明日。


アトリエが出来るまで | comments(0) | -

紫外線防止フィルムを貼ったったー!

今日はとても穏やかないいお天気なので
久しぶりにアトリエのハード部分に手を加えました。

以前からずっとやらなくちゃと思っていた事。

うちのアトリエのガラス扉側は西向き。
そのため、例えばお教室のチラシなどを貼っても
あっという間に日に焼けてしまうため
作品たちなどを扉近くには置けずにいました。

せっかくの蕎麦屋さん的ウィンドーもあるのに
そこにも素敵にものを飾る事はできず
そっけなく店名の書かれた看板がおいてあるだけでした。

だからあれだよね。
みんな「何度も通ったけどお店わかんないー」
ってなっちゃうんだよねー、ごめんなさい。

というわけで、今日は朝から家族動員して
街道に面したガラス全てに紫外線防止フィルムを貼りましたー。

上と下は目隠しを兼ねてストライプ入り。
ウィンドーと真ん中のガラスにはクリアタイプ。



写真じゃわからないですよねー。
あ。でも上と下のしましまはわかるか。

そんなわけで、今日ブルーベンチはまた一歩
ランクアップしたのでありますー。

ちなみに。
写真を載せたついでに今後のリノベ予定をちらり。
1、ガラスの上のシャッターボックスを青く塗る。
2、近所の工務店さんに作ってもらった高級網戸の枠を青く塗る。

この2点をこの春実行したいと思っております!

あ。でもまずは蕎麦屋さん的ウィンドーを素敵にしなくちゃ。
アトリエが出来るまで | comments(0) | -

Blue*Benchの二日目

JUGEMテーマ:handmade

アトリエBlue*Benchオープン二日目。


・・・の様子っていうより、またまたお花日記ーかも。

とはいえ、今日はいつものスタッフのミルちゃんが
お友達のハミングガーデンさんを連れてきてくれました。
ハミングガーデンと言えば、多肉ちゃん。

実は、我が家では極秘多肉プロジェクトが進行してました。

職場でずっと一緒だったAさん。
ちょっと体調悪化で今はパン屋さんはお休みし
おうちで会計とかこまごました事務をやってくれています。
そのAさんが「アレンジして売ろうと思っていた多肉植物」を
どっちゃりとうちに運び込んだのであります。

最近、それを寄せ植えして楽しんでいたのですが
なんとか商品にならないかなぁと思ってはいました。
だって、マジですんごい量なんだもの。

そんな目論見の我が家に
うっかりOPENのお祝いに来たハミングガーデンさん。
おほほ・・・いろいろと作業までしていただきましたよー。


ありがとう。ハミングガーデンさん。
がんばってみますーーー。

そのハミングガーデンさんが持ってきて下さったのがこちら。

クランベリーと何とかと何とかの組み合わせ。
忘れた・・・ハミングさん、も一回教えて。

・・・の作業中に、駆けつけてくださったのが
いつもいつもお世話になっている
富士森手仕事アートマーケットの山口さん。
お手製のフラワーアレンジを抱えて。。。



この写真↓は富士森レギュラーのビレッジeeさんのベンチと
ハミングさんのハーブ鉢と山口さんのアレンジ。


なんか、人と人のつながりって不思議でもあり、すごいな。
手作り好きな人たちが、こうしてつながっていく。
基本、みんな一匹狼なんだけど、なんとなく手をつなぐ。
そして得意なことを持ち寄る。。。
そんな方たちに支えられ、今の私がいます。

オープン2日間。
告知通り、お昼すぎまでの短時間営業でしたが
んー、楽しかった。
みなさん、本当にありがとうございます。

明日はお休みです。
金曜日はまた午前中だけ開けます。

そして、週末はイベント。

9月28日(土) 10:00〜14:00
ファミリーマート八王子みなみ野北店


お待ちしております♪
アトリエが出来るまで | comments(2) | -

アトリエ Blue*Bench オープン!

JUGEMテーマ:handmade


いよいよ、今日でした。(へんな言い方)
悲願のBlue*Benchアトリエオープン!!!

昨夜のうちにお店の中はほぼ整えました。




ただ、夜中に雨が降っている音が聞こえていたので
若干不安ではありましたが、そこは晴れ女。
「ま、何とかなるでしょ」と早寝、そして早起き。

ほーら。晴れてるじゃーん♪

8時半、シャッターを開けてお店の前をお掃除。



お蕎麦屋さんみたいだったウインドーはハロウィン仕様に。



例の看板も出して・・・


プレゼントの準備もOK。

 


いよいよ、このメイン看板もお店の窓上部に収まり・・・

・・・と、いろいろ準備をしていたら・・・

「おはようございますー。
  ブルーベンチさんはこちらでしょうかー?」
と届いたのがこちら!(写真左のお花のスタンド)


・・・は?は?・・・うちにですか?

これを送ってくださった片倉・元気広場の店長
内野さんは、私が本当に夢の全てを諦めようとしていた時に
もう口では語りつくせないほどお世話になった方。

今日の日が迎えられたのは、内野さんがいたからです。
これは大げさでもなんでもなく・・・。

だからさー、頼むよ、うっちー。
オープン初日の開店前に泣かせないでよー。マジで。

そのお花もお店の横に鎮座ましまして・・・


village-eeさんに頂いたベンチもお披露目。

いやー、それにしても・・・
なんかこのお花のおかげで、急に開店ムードが盛り上がり
近所の商店街の人や、通りすがりの方が
次々と覗いてくださいました。

ありがたいことです。
みなさんとはずっと仲良くやって行きたいです。
ともに小比企の町を盛り上げようではありませんか。

それにしても本当に意外でした。
このお花の山々。


day Wreathさんの青いリース。
床屋のオアシスさん(お向かい)のアンスリウム。
Cafe OVERのはっぱさんの青い花アレンジ。
作家のyuuさんの青い花束。
作家のbaa-baaさん&U*Wさんの鉢植えセット。

そして、真ん中のはがきに印刷されているのは
以前も紹介した、千葉のやいじ堂さんのイラスト。
とっても素敵なイラストだから、もう一度紹介しておこうっと。


そして、これは今日も午後から配達のお仕事に行った
片倉のCafeこすもすさんから♪

 

ああ、なんて幸せなんでしょう。私って。
夜には、もう歩くところがないくらい
お店の中はお花でいっぱいでした。


だから、明日からは花屋さんをしようと思います。
・・・なーんてな。

ちょっと、とてもきれいなお花だから
最後にアップ画像など。。。
みんな「ブルーベンチ」だからと青系です。うれしい。






開店の様子といっても、お客様とお話している間は
写真撮れないから、お花ばっかりだね。

明日、お店の前で自分入りの写真を一枚撮ろうかな。

さて、また頑張って作品も作りますよー。
じゃないと、一週間開店して、一ヶ月はお休み・・・とか
そんなことになっちゃうからね。
仕入れたものを売るんじゃないのは、結構大変なのです。

アトリエが出来るまで | comments(8) | -

開店秒読み〜

いよいよ、開店まで後三日となりました。

そろそろ看板書かなくちゃなー
ご近所へのあいさつ回りもしなくちゃなー
なにより売るものをもっと作らなくちゃなー

・・・だけど・・・
今日は羊毛教室
明日は片倉での出店
あさっては子どもの文化祭
・・・と家にいる暇がない。

まぁ、OPENと言っても行列が出来るわけじゃなし
わりとのんきに構えてはいますが
とりあえず、看板やチラシは作り
今夜、近隣への挨拶は行ってまいりました。


お店の前に立てる看板は移動販売からのお下がり。

シャッターが開いていたら開店とか
手ぶらでもなんか作れる・・・とか
あまりにもいい加減さが満開していますが
FBでみんなが「いいんじゃない?」と言ってくれたので
もう、これで行くことにしました。

ちなみに、これが入り口の上にかかるメインの看板。

Atlierって書くと「なんだい、それは!?」とか言われそうだから
日本語で書きましたよー。
この看板は24日の朝、神妙な心持ちで掲げる予定。

この白い板に店名を入れるのが
アトリエセルフリノベーションの最後の作業と思っていたので
どうやら、今日で作業は終わった様です。

丸々1年かかったんだなぁ。
終了!

明日 9月21日(土)の出店は・・・

八王子片倉町 Cafeこすもす前
であいふれあい市 10:00〜14:00

よろしくお願いいたします。

アトリエが出来るまで | comments(4) | -

ぼちぼち・・・やってます

お天気のよくない日が続いていますね。

なんとなーく気持ちも晴れない感じしますが
まぁ、その理由はおそらく大殺界の月だから・・・
ということにしておこう。

と冗談っぽく書いてますが・・・
長いお付き合いの方はご存知の通り
私はそーゆーもの信じないって風に見えるらしいですが
実は六占星術だけは信じる…っていうか、気になります。

まぁ、今までの自分の人生を振り返って
結構当てはまったりするからなんですが
何か大きなことをしようと思った時
それが自分で日時を決定できるような事柄のときは
とりあえず「殺界」は避けることにしているのです。

もう始めちゃっていることに関しては
その時期はなるべくおとなしく粛々と過ごします。

「えー、ほんとー?そんな風に思ってなかったー」
っていういろんな方面の声が聞こえそうですが
そーなんですっ!(断言・笑)

なので、そういう関係で今はぼちぼちと
現状維持な生活をしているのですが
アトリエを整えることはちょっとずつやってます。

っていうか、建物自体はまぁほぼ終わってるので
ぶっちゃけ「売るもの」を作りためています。

ただ、作るとすぐに売りに持って行きたくなるのよねー。
実際、売っちゃったりしてるのよねー。

だから、なかなか在庫がたまらないのですが
それはそれで。。。

今日は、先日レースのカーテンを取り付けた時の
内部からの写真と外からの写真を・・・。
外からどれだけ見えちゃうんだろーと思って撮ってみました。

 

うげっ、結構丸見えっぽい。
まぁ、暗くなってからオープンしてることって
そんなにないからいいか〜。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

ウインドー・オープン!

 ファミマイベントを挟み、あれこれ細かいことをしているうちに
また、10日も経ってしまいました。

でも、本当に細かいことですが、いろいろ進行しています。

手ぶらで「何か作りたいんだけど〜」と来てくれた方用の
キット作りとか、その見本作りとか。
ご近所や知り合いにお渡しするチラシの作成。
入口の上にある風取り窓に付けるカーテン作りとか。
相変わらずの細かい棚や箱の美白化とか。。。(^_^;)

そして、さすがにそろそろ「まだー?」という声も。

そんな中、今週末は・・・
「Atelier Blue*Bench」の大きな一歩を踏み出しました。

まずは、先日ここまで進んだウインドーですが

完璧・和風のウインドーを
ちょっとでもふんわりした雰囲気にするために

 

このシールをぐるりと貼ることにしました。

ああ、この洗剤まみれで貼るシール。

この作業を思い出します。
この日から3年。(私の髪が長い・・・)
時の流れを感じますが、一歩ずつ進んでいる実感も。

で、そのシール貼りは難なく終了。

という作業が、土曜日の深夜。

そして日曜日。
いよいよ、ここまでやってきた細かい仕事の仕上げ。

まずは入口上にカーテン取り付け。

うんうん。いいんじゃないでしょうか。

真っ白になった木箱や、スタッフさんがくれた棚も設置。

・・・あまりに白すぎて、写真がぼんやりしか写らない〜。

そして、ウインドーオープン!

まずは中から外を見る〜。

ふむふむ。。。ちょっとさみしい感じかしら。
でも、ま、なかなかいいんじゃない〜?

で、外。

イーゼルもルーバーも木肌色だったものを白く塗装。

左側になにかペンダントライトを下げてもいいなぁと考え中。

ウインドーを開けた途端に、近所の人達が
「もうそのままにしておきなよー。
 中はまだ準備中でも、商店街的に明るくていいからさぁ」と。
そ・・・そうですか?なんか、中途半端な感じしますが・・・。
でも、お店してる人達はみんなやっぱり
シャッター閉まりっぱなしって嫌なもんなんですね・・・。なるほど。
じゃ(もう扉つけるのも面倒だから)開けときましょ。
これでもう「お店どこー?」って聞かれないね。すぐわかるもん。

ちなみに、ウィンドーの中の白いレースカーテン。
これは、私のお姑様が編んでくれた、レースカーテン。
広げるとこんな感じのものです。

カフェカーテンのように棒を通して使えるようになっていて
裾の部分にバラの花が咲いています。

お義母さん・・・もう、心穏やかな毎日を過ごせるように
こちらが気遣ってあげたい歳なんだけど
まだまだ心配をかけることばかり。

それでもいつも私の体を気遣ってくれ、いろいろ手伝ってくれる。
さらに、私のしたいことをいつも気持ちで後押ししてくれる・・・。

「何もできないから、とにかくみんなの幸せだけを祈って編んだ」
と言っていましたが、お義母さんのその気持ちが私を支えてます。
本当にいつもありがとうございます。
(・・・と、こんな義母が絶対見ないところで言ってもしょーもないね)

でも、そんなお義母さんのカーテンを飾れる場所が
なんとか用意できたことで、ほっとしました。

アトリエの中からよく見えるのと、外から見えるのと
どっちがいいかなぁ〜と思いましたが、やはり外から、ですね。
今はちょっと片側に寄せてありますが
なんとか広げて見ていただけるように、もう少し考えようと思います。

さて、これで「内装工事」というカテゴリーの記事は
もうおしまい・・・かもしれません。

これからは新作やオリジナルキットなどを紹介していけたらいいな。
なんといっても仕入れて売る・・・というコンセプトじゃないので
すぐにオープン!とはいかなかったりします。

器が完成したから、さて、いよいよお料理作りましょ。
そんなスローペースの私ですが、どぞよろしくです。
ちなみに、作家の皆様もどぞよろしくです。m(_)m

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

ウィンドーの内側と備品

さて、UPが遅くなりましたが
先日のウィンドーの内側改装の続きです。

といっても、塗り塗り作業中はカメラを持てないので
出来上がりをお見せしたいと思います。

はい、塗り終わりました。

で、ウィンドーの中に置こうと思っているものも
これまた白く塗り、ヤスリで削り、オイル擦り込み
これは内側からですが「こんなふうに並べよー」とか配置してみたり。

 

少し遠くから写したもの。

なんだか雑然としてはおりますが
徐々に整ってきているつもり。。。

あ、あと今日は、こんなのも付けました。

ギャラリーレールっていうのかな。
上から何かを吊り下げる時壁にフックを打たなくて済むものです。

ウィンドーはまだ開けていません。
ここが空いたら「あ、開店してる」ってこと・・・かも。かも。かも?

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

蕎麦屋ウィンドウを手芸屋風に・・・

またまた夜のお仕事です。

今日は、先日なにげにお店の正面の写真を撮った時に
「はっ!」と気がついたウィンドーのキレイ化。
それは別名「純和風蕎麦屋さん的ウィンドーを
まぁ、なんとか手芸屋さんっぽく見せる計画」
です。
ウィンドーの存在を忘れてたー。(物置として便利に使いすぎ)

 

なんといってもこれだよー。

以前お掃除がてら一回だけ開けたことがありますが

こんなだよー。(これでもあるもんをいろいろ並べてみた)

このウィンドーの手芸屋さん化計画の第一弾は
またまた、枠作りとペンキ塗りです。

この写真は、いろいろな内装を始める前のもの。
つまり一番初めのものです。

 

今は内側から見るとこんなです。

 

中にガラスの可動棚が2段ついているのですが
これを何とか使おうと思うと、どうしても蕎麦屋になる。

さらに、外からの見え方に思いを巡らすと
ガラス面は正面だけでいいかな・・・と。
思い切ってガラス棚は使わない方法で。
可動用のレールも取り払ってしまいました。

とにかく、見える範囲を板張りしちゃって色塗って〜
(なんでも板張りして色塗っちゃえ工法です)
あとは、何をディスプレイするかを考えてからでいいや・・・と。

まず、何十年ものかわからない(でも点いてる)蛍光灯の撤去。

 

我が家のお約束として、何かを撤去すると
汚れが浮き彫りになるという・・・(;_;)

まずはその拭き掃除。
そして、だんだん慣れてきた木材カット。
今回はホームセンターに行かずに、自分でカットしました。
なぜなら、微妙にこのウィンドーボックス・・・歪んでたの。
偶然、なんとなく隙間にはなってないけれど
5〜7ミリくらい傾いていて、平行四辺形。
その微妙さは手仕事で調整するしかない・・・と判断。

で、うまい具合に収まりましたよー。

 

ああ・・・部分的写真しか撮ってない。
でも、ぐるりとこんなふうに板で枠を作りこみまして。。。

あ、ちなみにこの作業は、この枠の中に入って
穴熊みたいにまん丸くなってやったので背中痛いです。

そして、たった今!この枠を白く塗りました。
その乾かし時間の間にこれを書いてます。

乾いたら、またまたオイルを塗りこんでこすって・・・

完成写真をお待ちください。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

ペンキ塗りの一日

昨日は一日雨降りで、富士森のイベントにも出れず・・・
なんだかうっとおしい思いの一日でしたが
今日は打って変わっての上天気!
5時に起きた私はやる満々。

本日の作業はペンキ塗りです。
「お天気のいい、時間がたっぷりある時にまとめて塗ろう」
と思っていた棚や什器になる木箱。

それをお店側の入口から道路に出しちゃって

端からどんどん塗っていきました。(撮影・次男)

 

一旦乾かしたあと、無色のオイルステインを塗りこんで
再び乾燥・・・させている間に・・・
先日塗ったラティスにこんな棚をつけてみました。

 

こんなふうに札などおいたら
道行く人にいろいろな告知ができるかな・・・と。
ちなみに、この写真のアングルは
ちょうど道行く人(身長160cm前後)が「なんのお店かしら?」と
お店を覗いた時の視点になります。

 

このすのこの裏を塗ったものは・・・

 

こんなふうにCDや絵葉書をディスプレイ予定。

入口の左側につけた看板を下げるための物。
お水を飲んでいるピーちゃんが、アトリエBlue*Benchの目印。

この鳥さんが羽をたたんでいる水飲み場のように
このアトリエがみなさんの乾いた喉を潤す場所となりますように・・・。
なーんて想いをちょっと重ねて選びました。
ま、あとは単純に私が小鳥好きだからってのもあります。

そして、今日、一番見ていただきたいのがこの写真。

Blue*Benchですねー。
お店の真ん前に開店の目印に置くことにしました。
この椅子が出ている時は私が中にいるってこと。
手仕事をしに、お茶飲み話をしに、手芸の本を眺めに
どうぞ扉を開けて、中にお入りください。
いや、まだです〜(^_^;)
開店のお知らせはまた後日しますので、その後よ〜。

今日の作業で、んー80%くらいは終わったと言えるかな。
少なくとも、内装工事に関して言えば98%終了です。

入口から入って右はこんな感じ。

作業テーブルと、ミシンなどの道具類が
大きなテーブルの周りに揃っています。

入って左側がお店コーナー。

まだディスプレイ用のかごやら箱やらが積まれてますが
ここは、作品を実際に並べながら片付ける予定です。

そして、今日は昨日のイベント用に作品は全部車の中ー。
なので、ディスプレイは明日以降のお仕事です。

ちなみにずずーーーっとバックオーライして
店舗正面の全景を撮影してみました。

 

ああっ・・・まだ大きな作業が残ってる・・・
ガラスのウィンドー@蕎麦屋のサンプル置き場的な・・・

この禁断とも言えるウィンドーを開けられるように
中を整えなくちゃです。。。忘れてた。。。

それから、シャッターが30cmほど下がっているのは
ここに看板を付ける予定でいるから。
まだあまりにちょっと準備中なので
それは最後の最後のお披露目となるでしょうね。

今週末の作業はここまでー。

明日からはお店に置くためのキットの見本作りとか
あちこちに置いてもらおうと思っているチラシ作りとか
お店のなかのPOP板作りとか・・・
まぁ、比較的私の好きなお仕事に突入予定です。

うん、この分だとあと一ヶ月ほどでオープンできそうかな。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

深夜作業・ラティス塗り

家にいられるのが夜中だけ・・・なんで
どうしてもまたまた深夜の作業です。
本当はそろそろ、手芸の作品を作りたいのですが
その分、作家さんたちが頑張ってくれてるから安心。
Blue*Benchは次々と新作が登場しています。
(それは後ほど紹介します)

今週は「母の日」もありますよね。
簡単ですが無料ラッピングをしますので
ぜひ、この土曜日は「富士森公園手仕事アートマーケット」に
足をお運びください・・・雨、なるべく遅くに降り出してっ!

さて、今回の作業はこちら。
・・・と書くほどのこともない作業ですが。

よくある、こういうガーデニング用のラティスを組み立てて

 

こんなふうに白く塗って〜・・・

次の日の昼間、ヤスリでこすって少し塗料を落として・・・
オイルステインを塗りこんで、完成。

これはお店の外ではなくて、入口のすぐ内側において
目隠し&作品の展示に使う予定。

フックでバックなんかぶら下げたら
「あ、こんなものがあるお店なのね」
ってわかりやすいかなぁ〜と思って。

試しに、外から写真撮ってみました。

んー、いまのところどうってことないか。
ま、ディスプレイしたら、きっと可愛くなる♪と思う。

並行して、そろそろ商品として扱う「手芸キット」を
作家さんたちにお願いしています。

「あ〜、今日は何か手仕事でもするっかなー」
みたいなノリで、ふらりと手ぶらでいらした方が
1時間や2時間で作れるような簡単なものを
いいろんなジャンルで色々と取り揃えたいと思ってます。
お茶でも飲みながら、おしゃべりしながら
せっせと手を動かせるような・・・
そんなアトリエにしたいと思ってます。

さすがに「いつオープン予定?」と聞かれます。
・・すみません、わかりません。
一ヶ月くらい先・・・と思ってますが
三月くらいにも「一ヶ月くらい先」って言っていたので
できるようになった時がオープンです。

全くゆるゆるで・・・申し訳ないっ。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

カラーボックスカバー(名案!)

今日のアトリエ、細かい作業の素材はこちら。

どっこにでもあるカラーボックスです。

いつからうちにあるかもわからない代物で
何度もの引越しにも耐えてきましたが
その傷跡はいかんともしがたい。

今回も「粗大ゴミ」への道を行ったり来たりしましたが
カラーボックスって意外と丈夫で使いやすかったりしますよね。
で、ふとひらめいたのが再利用の道。
しかも超簡単な上に見た目は再利用とはわからない出来栄え。

まずは、外側の大きさをきっちり測ってホームセンターへ。
選んだ木材は木目の美しい針葉樹ベニヤ板。1080円なり。

これを大きさ通りにカットしてもらって、家で組み立てた・・・だけ。

出来上がったこの外枠に・・・

スコンとカラーボックスを入れただけ〜。

これは、あえて色は付けないことにしました。

実はこの棚、使い道は決まっておりまして・・・

Blue*Benchには数多くのキッチングッズがあります。
アクリルたわし、アームカバー、キッチンクロス・・・などなど。
そういうものをディスプレイするために設置したかったものがこちら。

 

これは工作キットとしてホームセンターで売られていたものです。
今は子供のおままごと用に、ちょっと豪華な手作りミニキッチンが
いろいろなところから出されていますが、あれだとちょっとでかい。

「自分で作っちゃおうかなぁ〜」と思っていた時に見つけたのがこれ。
ま、本当に簡単で、あっという間に出来上がります。
でも、お値段の割には「いいんじゃない?」と満足。

先ほどのカラーボックスの上にちょこんとのせて、OK。

角度変えてみるとこな感じ。

大きなテーブル(作業台)の端っこがキッチンコーナー。

またまた深夜の作業につき、写真暗めですが・・・
こんな感じで、細かい作業はまだ続いています。

そうそう、旦那は抗生物質が効いて復活しつつあります。
数日の間には退院して、あとは自宅で体力回復・・・かな。
ご心配いただいた方、すみませんでした。
なんだかすごい勢いで噂が広がっていて、恐縮します。
だ・・・大丈夫です。たぶん〜

というわけで今週末は出店します。

5月11日(土) 10:00〜16:00
富士森公園手仕事アートマーケット
(雨天中止・・・いやいやっ)

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

細かい大工仕事・アイロン台

昨日は、深夜になってからちょっとだけ大工仕事しました。
作ったのはアイロン台。
作ったというより設置した・・・なのですが。

引越し前は、アメリカーンな輸入物を持っていましたが
捨てちゃったのよねー・・・激しく後悔。
でも、アイロン台ってすごく頻繁に使うので・・・というより
常に使うので、そのたび出したりしまったりしたくないものの一つ。
だから、今、パソコン台として使っていた組立式の台を再利用して
こんな感じにして、ここにこうやって設置することにしました。

この、ほそーい方の棚も同じ作りのものですが
棚板をはめ込んでネジどめすれば、どんなふうにでもなる
プチDIYな支柱と棚・・・とっても便利です。
スペースに合わせて棚だけ大きさを変えれば
どんな場所にも収まるわけですから、引越しの多い方にオススメ。

上から見るとこんな感じです。

 

ついでに、入口横の壁に小さなも棚も付けました。

ぬいぐるみ、あみぐるみでも並べましょうかね。

そして、こっちはちょっとおいてみただけ、ですが
こんな感じにしようかなぁ〜・・・と。

以上。
深夜のアトリエからお伝えしました。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

エントランス(というほどのものじゃないけど)

ずーっとどうしたらいいか悩んでいた箇所の一つが入口。

ごく普通によくあるガラスの引き戸四枚仕立てと
敷いたばかりのフローリング調フロアタイルの間
そこは唯一、入居時から変わらないコンクリートむき出し部分。

ほらね。こんな感じ。
反対側も・・・

そうそう、まずは、最後の最後まで隙間になってしまった
板と板の間に貼ったみどりのマスキングテープの上から
木目の壁紙シールを貼りました。

うん・・・まぁ、いいでしょう。

さて、そしてこのコンクリートの上に敷いたのはこれ。

 

ホームセンターによくある、ベランダとかに敷くもので
水はけを考えて編み編み状になっているプラスチック製のタイル。
30センチ四方のものをパチンパチンと繋げます。
どこででもカッターで切れるので、ぴったりはめられます。

こんな感じ。

 

こんな感じにも。


そしてこのタイルの上には、土足、上履き両用な場所に最適な
人工芝を敷き詰めることにしました。
これは、ぴったりに切ることはないなぁ・・・と思い
端の部分はこんなふうに壁に合わせて折り曲げ
デコボコに合わせて切り込みを入れ、両面テープで貼り付けました。

 

 

そして、こちら側には更に、段差を埋めるための板をのせて

 

下駄箱を設置。

ぴーーーったり!!!

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

什器作り・糸立て

 さて、久しぶりに大工作業ネタです。

今日は、アトリエの中で最も重要な位置を占める
「糸立て」を作ってみました〜。

糸を立てる部分は、わたし的には定番のパンチングボード。

その穴に棒を刺していくのですが
糸を取り出すときに邪魔にならない程度の間隔にするため
実際の糸を立てながら差し込んでいきます。

ミシンをする方ならわかると思いますが
上糸と下糸って、絶対に並べて保管したいもの。
よく「ボビンケース」というのがありますが
ボビンだけ分けて収納しちゃったら、いざという時に
上糸と同じ色の下糸を探すのが大変なんですよねー。

で、この糸立てでは、こんなふうにしてみました。

ミシン糸を挿す部分は写真の白いコマ。
「ボビンキャッチャー」というもので
本来は上糸と下糸をセットにして保管するためのもの。
これはこれで単体でもすぐれものです。
私はこれをかなりの数持っていまして、いつも使っていました。

今回はパンチングボードの穴にこのボビンキャッチャーの
ボビン用の方を差し込んで、ミシン糸を挿すようにしてみました。

本当は、ボビンの方もこのキャッチャーに収めたかったのですが
すべてをこれにするのは・・・ちょっと予算不足
よって、ボビンの方はただの棒で待機・・・となりました。

パンチングボードの裏に発泡スチロールの板を一枚。

これは、ミシン糸用のキャッチャーやボビン用の棒を挿す時
パンチングボードの穴にボンドを入れたいためです。
後ろの穴からボンドがもれないように・・・と思って。

このボードの完成写真はこちら。

 

これを枠となる箱に収めます。
万が一の時に糸が転がり落ちたりしないように
ボードを斜めに立てるため、外箱も台形な形につくります。

これじゃあ、台形だかなんだかわからないですね。
でも、製作過程の写真はこれ一枚なのでご勘弁。

そして、いきなりですが、出来上がり写真。

高さ1メートル。かなり背高のっぽです。

この写真なら先ほどの台形具合がよくわかります。

そびえ立つ糸立て〜♪という感じでしょうか。

うんうん、これはなかなか満足のいく出来上がりです。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

細かい作業あれこれ・・・

さて、今日は、棚を二つ取り付ける予定。
つける場所はこのスペース。

ブレーカー近辺なので、ブレーカー隠す意味もあって。

まず、ブレーカーの下には、うすーい棚を壁ぴったりに付けます。
あ、つける予定の棚の支柱が写真の右に待機してますね。

これは、前の家では私のコレクション(キッチンシリーズ食玩とか)
がずらりと並んでいたのですが、今はおもちゃはしばしお蔵入り。
アトリエでは、うっかりするとわけわからなくなるほどの
ホック、金具、ボタン、ビーズなどを入れたビンを並べる予定。

このビンも、前は半分くらいはタッパーみたいな
プラスチックケースに入れていたのですが
今度からはちょっとは見た目も重視して、ビンに入れ替えていこうかと。

という事で組み立てたところがこんな。

なんといっても奥行き6センチしかない棚なので
地震でも来たらあっけなく倒れるから
(っていうか、地震なくても倒れるに決まってる)
そうならないために、頑丈に転倒防止策を施しました。

その作業のために、塗った壁のペンキが
ガサガサっと剥げたりしましたが、ま、見なかったことに。

さらに、ブレーカーの下の部分に吊り棚を取り付けました。

これで、下から見ればブレーカーは見えません。
でも、前からは見えるので、さらに目隠し。

植木を乗せようと思って買っておいた小さなすのこを立てて
その前にCDとスピーカーを設置。

このすのこも白く塗ったほうがいいね、やはり。

まぁ、そんな細かいけど大切な作業がしばらく続きます。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

壁塗り終了〜

ふぅーーー。
壁、塗り終わりました〜!

窓のところから角曲がって、約1m。
これで、部屋の東西南北、全て壁は板張りとなりました。
スイッチの部分は、またくりぬき作戦です。
ここはこのままでいいや。エレクターの後ろに隠れちゃうところだし。

遠景

あ、在庫スペースが丸見え。
ロールスクリーンをおろしましょ。

・・・と、まぁ、こんな感じです。

はぁーーー、なんかすごく終わった感がしますー。

 

これからの作業は、ちょっとこまごましたものになります。
棚吊ったり、ボックス型の飾りだな作ったり、そういうもの塗ったり。
Blue*Benchの作品を陳列することを考えつつの作業。

連休明けくらいには、人を呼べるかなぁ〜なんて思ってますが。
となると、呼ぶだけじゃなくて何かしたいよねーとかも思ってますが。

まぁ、それを考えながら、今日はアトリエ作業はここまで。

明日、恒例の「であいふれあい市」出店です。
八王子片倉町「JA片倉」前 10:00〜14:00

お天気いまひとつぱっとしないですが
今からその準備をします。
雨天中止ですが、お天気でしたらぜひ♪

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

壁・最終局面、塗装の巻

ペンキ塗り作業は大好きなので、つい写真を撮り忘れた。。。

こんな感じで作業進めています。

床はこんな感じです。

反対側を塗ったときは、床を張る前だったので
床のペンキ汚れをそれほど気にしなくても良かったんですが
今回、ちょっと事情は違います。
もう床は新品ですから。

注・リフォームするときはやはり壁を終えてから床。

そのほうがいいです。絶対。

これ、4/18(木)の深夜の作業。
さて、今から作業続行します。

本日中にペンキ塗り完了できるでしょうか。
頑張るぞー。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

壁・最終局面、本番

というごちゃごちゃと細かい仕事をしつつ
高校生になった息子のあれやこれやで
あわただしい日々を過ごしておりました。

「君ー、制服で学校決めたんじゃない〜?」
と、誰もが聞きたくなるような学ランであります。

で、生活のペースも落ち着いたので
いよいよ、最後の大仕事、壁の仕上げに入りました。

前にも載せたけれど、この壁面です。

換気扇カバーの木箱と窓封印用棚は
あらかじめしっかり釘打ち、ねじ止め完了。

ホームセンターでパートしていた経験が役に立ってます。

私、今まで生きてきて、たまたま偶然のように身に付けた技術
たまたま転がり込んだような仕事、何も無駄になってないなぁ〜
と思うんですが、きっとみんなそうなんでしょうね。
「あ、これをするため、"今"のためにやってきたことだったんだ」
そういうものに出会うかどうかだけのことで
誰もがそういうチャンスがちりばめられた日常を送ってるんだと思います。
そのチャンスを手にできるかどうかは「あと一歩踏み出す」なのかな。
なーんて説教じみたことを高校生に語りつつ、作業続行。

まずはここから・・・

ぱこっとはめて、がんがん釘を打ち付ける・・・その繰り返し。

ずずーっと進んで行って、エアコンの下は
のこぎりで長さを合わせてぎこぎこ切りながら・・・。
出窓の棚の下も計って切ってはめて打ち付けて・・・。

 

窓の上の部分を残して、その奥へと進みます。

 

端っこまで来ました。角を曲がりまーす。

で、角を曲がって、さらに50僂曚豹覆鵑世箸海蹐能了。

最後に、エアコンの上はどうしようかなーと眺めていましたが
25年選手のエアコン、近々買い換えることを想定して
あまっている板を横つなぎにして、かるく打ち付けるにとどめました。

壁の板打ち付け作業、全て完了しました。
いよいよ、明日から塗り塗り作業に入ります。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -