ブルーのスーツケース

毎年、夏休みには千葉で養蜂をしている親戚の家に
手伝いという名目で蜂蜜をいただきに泊りがけで来る。

今年は酷暑のあまりミツバチたちもバテ気味ではあるらしい。

それを聞いたら琥珀色の蜂蜜がいつもより数段尊い物に見えた。


「今年はラベンダーが多いから色も少し赤っぽい」と伯母。

確かに。

そして今。
家にいたら夕飯の片付けをしているくらいの時間だけど
みんなもう寝静まっている。
私は1人、ビールを飲みながら読書。

読書は趣味のひとつなんだけど
家にいるとどうしてももっとやりたい事とかやるべき事があって
本を開くのは布団に入ってから・・・となってしまい
たいてい2、3ページで寝落ちしてしまう。
だからたまにあるこういう夜は脱日常で至福だ。

今日持ってきた本は少し前に言わばジャケ買いした本。


表紙の青いスーツケースに惹かれて。
ちょうど旅の本を買いに行った時だったせいもあって。

今、読み終えたところ。
本は作家の文体との相性が合えばあっという間に読み終わる。
そしてこの本は読みやすくもあり面白かった。
今日みたいな日に読むには最適だったし
ここ数日の自分の気持ちにも添うものだった。

表紙にもなっている青いスーツケースは
持ち主の人生の旅に同行して背中を押してくれる。
まぁ、幸せの青いスーツケースという感じ。

本の中に登場する何人かの女性の人生の旅を味わわせてもらい
私の人生の旅にも同行してくれるような
青いスーツケースが欲しいなーなんて思っている。

たぶんそのうち買っちゃうと思う(*^^*)

読・書・描 | comments(0) | -
1