User-agent: Twitterbot Disallow: ある意味、閲覧注意。ただのひとりごと。 | ベンチに腰かけて・・・
<< ご心配をおかけしました。 | main | お茶のみながら >>

ある意味、閲覧注意。ただのひとりごと。

家族の為だけのご飯を作る。
暗くなってからしか家を出られない。
そんなだめっぷりをしておりました私です。

なんですかね。
 
気枯れした自分にお水を上げることすら心が拒否してました。

でも。

昨日、息子が10年近く通っていた主治医のところに
ご挨拶といろいろなお話をしに行ってきました。

主治医様、今回のことを医学的にどうとか何も言わず
驚きもせず、どうして?と理由も聞かず
ただ私の簡単な説明を聴き
まずはただ肩を落としてふぅーっとため息をつきました。
そしてこう言いました。


今の世の中で生き延びるためにわたし達はずるくなるし、汚れていく。
だけど彼は常に純粋で、自分が汚れるのを拒絶し
自分を浄化しよう浄化しようともがいていた。
彼とは10年近くの付き合いだけど、最初ここに来た時と最近とで
魂は何も変わっていなかった。いつも痛々しかった。

自分の中に汚れを取り込むまいとする気持ちや
自分の中の醜さを浄化しようとする方法が
時に喜怒哀楽の激しさと言う形で出るし
音楽にもなるし、神の世界に惹かれたりもしただろう。

だけどあの透明でありたいと願う気持ちのままではこの世は生きづらい。
本当に辛いんだ。そのくらい世の中は汚れているんです。

彼によく頑張ったと言ってあげてください。
お母さんは毎日常に心で彼を褒めてください。
27年、よく頑張ったと誇りに思ってあげてください。


最後に私に。

彼が自分で言う通り、彼は音楽や生き方だけではなく
お母さんに三倍速で苦労もかけたし甘えもしたのでしょう。
満足したのだと思いますよ。

不思議なもので49日の頃になると
お母さんの中で彼の声が聞こえるようになります。
耳をすませてあげてください。必ずそうなります。

これからはお母さんが困ったとき必ず助けてくれます。
子どもの愛は親以上に無償ですから。

彼の話をしたくなったらいつでもここにいらっしゃい。

本当に先生の声は神様の声みたいにお部屋で聞こえました。

そしていろいろな事の謎も解けました。


存在して当然だった一人の人に
もう永久に触れられなくなるというのは
本当に寂しいし悲しいし悔しいです。
それは確かです。

死を再生へのスタートだなんて思えないです。

だけど。
親より先になんて親不孝…とも思えなくなっています。

だけど。
本人が書き残した言葉ですが
「俺の人生は三倍速だった」
というのは本当だったと感じています。

もちろん人は寿命まで生きていくのが勤めです。
それは絶対にそうです。

死を美化しちゃだめなのも当然です。

そういう意味で、このブログのタイトルも「閲覧注意」なんですが
これはほんとに、こんな事になった母親の
気持ちの落とし所だと思ってください。

息子の三倍速人生を私は認めたい。

たぶん、彼のそばにいたほとんどの人が
もがいて生き急いでひたすらだったこと
納得してくれると思います。
「そうだったな」って思ってくれると思います。

これからは先生の言うとおり
「27年間、よくがんばったね」
と話しかけながら一緒にいようと思います。
yuhi | comments(2) | -
 
残されたものは、真意はわかりません。
私の母は、脳出血で倒れて布団まで行って
間に電話はあったのに、私に知らせてもくれず
救急車を呼ぶこともせず
1人で行ってしまいました。
いまだに、なぜ?から立ち直れません。
思い出すと泣けてくる。
あれこれ後悔する日々も続きました。
でもけっきょく受け入れて、自分の中で
思い出として大事にして、時々母を思います。
無理して、明るく振舞おうとせず、もがいていいと思います。
悲しんでもいいと思います。
親子は特に、失くした喪失感は大きいです。
勝手なこと書いてゴメンね。
励ましとかではなく、そのままです。
kayo | 2015/06/03 14:58
kayoさん、ありがとうございます。

本当にそうなんですよね。
なぜ?と問いかけても答えは出ません。
それなのにぐるぐる考えちゃう。

みなさんが、味方は「時間だけ」とおっしゃいます。
そうなんだと思います。

いつもありがとうございます。
寄り添っていただけてるなぁという感じだけで
本当に励まされるんですよ。
ありがとう。。。
yako | 2015/06/03 19:10
Comment