<< きのこの山 | main | レッスンと神社、そして雑木林 >>

川越ニットパーク

川越市で行われる編物イベントに行って来た。

川越ニットパークの会場は「蔵里」という産業会館。
鏡山酒造跡地に建物の趣を生かして作られた物なので味わい深い。

立地も川越の中心地でもあるし、何本かある路線の駅から
蔵造りの通りに抜けていくような場所にあるため人通りも多い。


その敷地に大きな物産店やレストラン、立ち呑み屋もあり
どちらかというと道の駅という感じのコンセプトなのだろう。

そんな敷地内にさらに移動カフェが並んでいる。

私も今回は車じゃなかったから、ランチとともに一杯。

うまっ!

今回のお目当ては(というかいつも)ニヤさんの編みぐるみ。
今日、購入したのはこれ♪

ニヤっ子ちゃん。(勝手に命名)

ニヤさんの作品のすごさは言葉では伝わらない。

これは頭。
くさり編みの髪の毛がきれいに並んでいるだけではなく
その下にはちゃんと髪の毛と同色の地肌!
だから髪の毛が少し乱れても肌色が見えない。


風が吹いてスカートがめくれちゃっても
見て! ちゃんとパンツはいてるんだよ。
しかもお尻がほんのりとふっくら。
(分かるかな、色が違うの。)

ちなみに「お胸も?」と訊いて触ってみたけど
・・・それはないそうです。

そして、なんと言ってもこの指。
親指がちゃんと親指してるんだよー。



そしてニヤさんのお人形の最大の特徴がこの「ジト目」

「予算の関係上です」とおっしゃってましたが
これがもう「たまらん」というやつです。

実はニヤさんは八王子に住んでらっしゃいます。
たまたま友達がTwitterでRTしたニヤさんの作品を見て
勝手に「すげー」ってひとめぼれしていたら
「八王子の方なんですよ」って言うじゃないですか。
さらに「次は川越のイベントに行きます」と言うじゃないですか。

もう、こういうことに私は縁を感じるの。
もう何かの思し召しな出会いと思っちゃうの。
その次のイベントにさっそく伺ったのが今年の3月末でした。

それから半年。まだ半年しかたってないんだ。

今は、ややもすると縁の切れてしまう街となってしまった
「川越」に私が向かう大切な理由のひとつになりそうです。
「川越」大好きなんです。本当に。縁をつないでおきたい。

息子のおかげで行きつけみたいなお店もたくさんあるし
とにかく街自体が開放感に満ちている。
神の気も緩やか〜に流れている。
歩いている人がみんな笑顔。(歩くの遅いけど)

だからニヤさんが「八王子でもお渡しできるように」って
おっしゃって下さいますが、私は川越に行きますよ♪

でも。もし。
「ニヤさんの作品を見たいなー」
「自分の宝物にしたいなー」
っていう方は連絡下さい。

ご紹介するくらいならいいよね、ニヤさん?
日常 | comments(0) | -
 
Comment