User-agent: Twitterbot Disallow: 思いがけないお花 | ベンチに腰かけて・・・
<< 緋鯉作り@自宅アトリエ教室 | main | ちっちゃいピーちゃん@アトリエのGW >>

思いがけないお花

真夏日?と思うほど暑い中
庭でこんな写真を撮ってました。







その時、ふと来客の気配。
家に戻ってみると「わ!お久しぶりです」な方が。

息子の葬儀でお世話になった千の風のSさん。
昨年末のクリスマスパーティー以来。

というか、葬儀社の方とは普通そんなに、というか、
御用がなければずっと会わないものかもですよね。
他で葬儀をしたことがないからわからないのですが。。。

お元気そうで何より!とか思いましたが
それってもしかしたら思われる側でしょうか?(笑)

そしてそして。
こんな素敵な贈り物をいただきました。


えっ?えっ?
あまりに思いがけなくて、おもわず涙ポロり。
一瞬、息子が天国から花を送ってくれて
それをSさんが息子に頼まれて持ってきたのかと
そんなふうに感じて頭がクラリとする感覚。

そう。1年たつんですよね、もうすぐ。
息子が旅立ったのは昨年の母の日でした。

正直、ゴールデンウィークが近付くにつれて
少し気持ちもふさぎ気味でした。
イベントの多い、盛り上がる季節だったはずなんですが・・・
実は今年も連休中は引きこもっていたりします。

1年前、いろいろな方が「時薬」と言ってくれました。
当時は信じることが出来なかったけれど
今はむしろ「時間にしか解決出来ない事があり
それを時間以外で解決しようとすると捻れる」
そんなふうに思ったりしています。

そしてせっかく効いてきてくれた時薬なのに
一回忌のこととか納骨のことを考えると
自分の中の時計の針が逆周りしてしまいそうなので
「全部やらない。ごく日常の中の一日として過ごす!」
と宣言したばかりでもあります。

時間が戻ってしまうことが怖いです。
一年以上戻るなら大歓迎ですが。
あのトンネルの中にはもう戻りたくない。
たぶん、トンネルは抜けるためにあるんですよ。
戻ってはいけない場所なんですよ。。。

そんな感じなので。
今年の命日は、息子が住んでいた川越に出向いて
彼が大好きだった街を歩き、神社に詣り
彼が大好きだったお蕎麦屋さんで
彼をよく知っている人とおそばをすする予定。

そうそう。
最近、グリーフサポートというものを知り
いろいろ調べたり本などを読んでいるのですが
今、千の風さんからいただいたお花を眺めながら
これもグリーフサポートだなぁと感じています。

私、次男にはやめた方がいいと言われるんですが
どうにも辛くなると、あの会場を見に行きます。
車で前を通るだけの時が多いけれど。
そこは息子はもういないという事を
思い知る場所でもあるけれど・・・
それでも、なんだろうな・・・なんか気持ちが暖まります。

これもセルフグリーフケアになっているのだと思います。
悲しく寂しくつらい旅立ちの日ではあったけれど
息子らしい空間で、息子にかかわりのあった人だけで
ひとつにまとめることのできなかった息子の人生が
あの場所でだけひとつにまとめることが出来て
空に帰って行ったのだよなぁと、そんなふうにあの建物を眺めます。

そんなお話をしたら
「千の風は喫茶店だと思ってください。
葬儀とかやってない時はいつでもどうぞ」
と言っていただきました。

今度お茶飲みに行きます(笑)
yuhi | comments(2) | -
 
ことばがみつかりません…,
確かなことは、それでも、自分は生きていかなければならないということです。

自分が悲しんでいるとお空の方も悲しんで、笑っていると、笑っている…,
千の風さん、お仕事をこえ、優しさや思いやりの繋がり、本当に頭が下がります。
TAKE | 2016/05/03 10:22
TAKEさーん、コメントありがとうございます。
そうなの、千の風さん、あたたかいの。
今度一緒にお茶飲みに行きましょう(笑)

明日から母の日フェアだよ。
こんなことができるようになったのは
間違いなくTAKEさんのおかげでもあるわ〜。
これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m
yako | 2016/05/04 13:19
Comment