<< 片倉であいふれあい市2018-3-17 | main | 春の花・そしてライラック >>

阿佐ヶ谷神明宮祖霊祭2018

神道式で葬祭をやった我が家にとっては年に一度の法事のような日。先週のニュースでは桜が見頃予定だったんだけど、何がどうなったのか大雪。






今回が3度目になる。去年はまだ祝詞と共に息子の名前が呼びあげられるのを涙無しでは聞けなかった。

今年は名前が呼びあげられると同時に「雪なのに行かなきゃダメー?寒いんだけどぉー」なんてごねている息子の姿が思い浮かんだ。

そして式の後に用意されている春のお弁当を美味しいと思い、お供物に持ち帰ったお茶菓子も神棚にあげた後さっそく頂いた。


雄翔。キミは多分、神様の元で穏やかに暮らしているんだろうね。今日は雪の中ご苦労さま。まだもうしばらく会えないけど待っててね。
日常 | comments(0) | -
 
Comment