<< 花巻 | main | 山田線〜三陸鉄道〜八戸線 >>

盛岡

夕方 盛岡着。

いきなりですが、今回の盛岡入りの目的はこの「よ市」

よ市については昨年の旅の中で知ったもので

偶然よ市開催日に盛岡入りしたにもかかわらず

到着したのが夜遅かったために全く見られなかったという悔しさ。

そのリベンジです(^▽^)/

でもリベンジしたいのは私ばかりで次男は
「行かない。盛岡の町見てくる」と繁華街へ。

ま、それもよいでしょうということで別行動。
 

びっくりするくらいの人出。

外国の方も多い。


こちらは昨年も見たけど、何度見ても夢のような民芸のお店「光源社」

なかなか買うことはできないけれど、盛岡に来ると必ず寄る。

 

 

で!!

とにかく来たかったのがこのベアレンビール。

川越のCOEDOもそうだけど、地ビールって本当に個性豊か。
地ビールを飲み歩く旅とかしてみたい。


出店していた屋台のもつ煮とビール。最高。
最高なんだけれど、ビールが絡むとついつい
「長男がいればなぁ、すごく喜んだだろうなぁ」と心が湿る。

念願のよ市を堪能してホテルに帰る途中
たくさんの人が同じ方に向かっていくのが見えた。しかも浴衣。
「これは!」と思って道行く人に聞いてみると、なんと「花火大会」があると。
しかも泊まるホテルから歩いて10分程度の橋から見えるらしい。
花火の下の北上川では「船っこ流し」というお盆の行事もやっているらしい。

次男にもそれを伝えたんだけどこれまた「行かなーい」とつれない。
いいもん、いいもん、一人で行くもん。

もともとひとり旅のつもりだったし、一人なのはむしろ好きなんだけど
一緒に来てるのに拒否られるとさすがに少し寂しい。
でも、これが普通の二十歳前後の男子なんだろうな。
長男は少しくっついていすぎたんだろう。









花火、とてもきれいでした。
今年は台風で八王子の花火大会が中止だったから
これで今年の夏も花火が見れたな…と何となくホッとした。
そしてホテルに帰った後ふと口ずさんだのがこの歌。
まさに今日のためにあるような歌だな…
でもどうにもしみじみ寂しくなる歌だな…
 | comments(0) | -
 
Comment