<< ただいま、八戸 | main | 八戸の鳥さん >>

実家でしか見られない昔の作品

母に頼まれて何年がかりで完成させて数年前に渡したカバー。

中心部は母が茜や紫で草木染めした葉裏をストリングにつなげた。

周囲は大島紬の着物をほどいたもの。

真綿を入れてキルティングも施しました。

30年ほど前、大きなテーブル用に作ったテーブルクロス。

もうだいぶ退色しているけど、この色合いは今も好きだなー。

これも30年ほど前、本当にパッチワークを始めたばかりのころの作品。

無地の藍生地は母の藍染め。

クッション。

チューリップかな。

だいぶ古ぼけているけど「ずいぶん面倒なパターンをしたなぁ」と思いつつ

考えてみると初めのころの方が面倒なものに挑戦していたなぁーとも。反省。

大学生の時に帰省中に描いた、当時実家で飼っていた猫。


当時からサインは「yako」なんだなぁ(笑)

縫・編・織・染・作 | comments(0) | -
 
Comment