<< ポンちゃんのお見合い | main | 日常にあった幸せ >>

出会いからの5時間

お見合いをしたインコのポンちゃんとグーちゃんのお話です。

想像はしていましたが、これ程とは!
と言うくらいのぽんちゃんのビビりぶり。

カゴから出た状態でお見合いさせたんだけど
最初、グーちゃんが箱から出てきた途端に
ぽんちゃん大パニック。

グーちゃんが飛べば自分も慌てて叫びながら部屋中飛びまわるし
グーちゃんを入口をあけたままのカゴに入れてみたら
普段は自由に出入りしているポンちゃんなのに
カゴに寄り付かず・・・。
チラチラと気にして横目で見はするものの
基本、背を向けて見なかったフリしてる感じ。

グーちゃんの方も止まり木の1ヶ所から動くことなく
ただ頭だけをぐるんぐるん回してあちこちを見ているふう。

まぁ、すぐに仲良くなるのは難しいだろうと思い
しばらくそのまま見守っていました。

膠着状態という感じのまま5時間ほど経過。
餌も水も全く口にしないグーちゃんが
私も夫も心配になりだした頃。
ふとグーちゃんの動きが柔らかくなりました。
上手く言えないけどふっと緊張が解けたような。。。
その瞬間は夫も感じたようなので多分確かなもの。
ヒヨヒヨ…と話しかけるような鳴き声を出し始め
それに答えるかのようにポンちゃんも。

次第に確実に呼び合うような鳴き方をし始めたかと思うと
ポンちゃんが何度もエサ箱のところへ。

しばらくするとおそるおそるという感じではあったけれど
最後にはこんな姿を見ることが出来ました。




こっからはまぁ私の妄想なんだけど
グーちゃんの動きが変わって優しく鳴き始めた時、グーちゃんは
「なんだかお腹すいちゃったなー」って言ったんだと思う。
それに対してポンちゃんが
「だよね、ほら、餌箱はここだよ。どんどん食べていいよ」
って答えて、餌の在処に案内してあげていたんだと思う。

そっからはもう2羽ともお互いの動きに対して
怖さは感じることなく過ごしていました。
遠慮がちではありますが同じケージの中で
今はすやすやと眠っていると思われます。

さて、どうなりますかねー。
日常 | comments(0) | -
 
Comment