<< 出会いからの5時間 | main | 

日常にあった幸せ

昼間、友達とスマホで撮った写真の整理法についておしゃべりをした。
 

話しながら、もはや一生の宿題と思っている

パソコンの中にひたすら押し込まれている写真のことを考えていた。
 

うちの場合、長男の幼少期はまだまだフィルムカメラ全盛期だったから

事あるごとに撮った写真は割と整理されてアルバムに収められている。
 
問題は次男が生まれて写真が主としてデジカメで撮られるようになってから。
特にスマホを持ち歩くようになってからはたぶん一度もプリントしていない。
遠くに住むジジババがラインを受け取るようになってからは
パソコンに取り込むこともせず、内容すらよくわからないSDカードに眠っている。
 
そのずっとずっと先送りしてきた写真の整理になぜか今日手を付けた。
どうしてなんだろう。死期が近いのかな?なんてちらりと思ったりして。
 
まず数枚のカードの写真を全てPCに取り込んだ。
私は写真はとりあえずその日に撮った写真はひとつのフォルダにまとめて
2019-11-5みたいに日付を振っているので時系列にすることに苦労はなかった。
 
とはいえ、20年分の写真は、こんなごく一般家庭でもものすごい量。
その中から、たびたび見たら幸せになりそうな写真を選んで
手元でいつも広げられるような一冊のフォトブックにまとめることにした。
 
んだけど…
 
それをひとつひとつ吟味したり、トリミングや加工するとなると
「やめた〜。また今度にする〜」ってなるのが目に見えたから
ざざーっと開いて眺めながら「私が死んだ時に棺に入れてほしい写真」
という条件で目についたものを次々とL版にプリントした。
 
入学式やらなんとか式みたいに他にちゃんとした写真がありそうなものは全てパス。
私がこの世に生まれて、二人の息子を育ててきた中で
「ああ、この時のことははっきり覚えてる」「この時に戻りたい」
そんなふうに感じるものだけに焦点を合わせた。
 
とりあえず、本日56枚プリントした。
たまたまあった新品の写真ホルダーに入れた。

ものすごく普通の家族の写真ばかり。
でも、どの写真の中でもみんな楽しそうだ。
 
ゲゲゲの鬼太郎を目指した子
プロのベイブレーダーを目指した子
サッカー選手を目指した子
野球選手を目指した子
マジシャンを目指した子
そして一切わき目もふらず、ただひたすら音楽家を目指した子
 
2人しかいない息子なのに、こんなにもたくさんの楽しさや喜びをくれたんだな。
忘れていたかもしれない。でも今日、思い出した。
本当に楽しかった。ありがとう。
 
そして次男が高校に入ったあたりから私の撮る写真から人間が消えた。
花、鳥、風景…今に至る…なわけだけど。
 
写真の整理もある意味断捨離だなぁ。
心の重荷をひとつ下ろしたような気持ち。

日常 | comments(0) | -
 
Comment