<< 日常にあった幸せ | main | 富士森の神様、今年も感謝です >>

ウールのかたちいろいろ展

以前「羊毛を紡いで染めて織る」に魅せられていた時期があり

八王子市内で教えておられる林きよ子先生のご自宅お教室に習いに伺ったのは2年前。

その後「またいつかはやりたい」と思いながらもとりあえず今は棚上げ。

なぜなら今やっている活動と並行してできるようなものではなかったから。

 

年に何度か開催される林先生の展示会で先生の作品を見るたびに

「ほ〜っ(うっとり)」とため息をついているばかりでした。
 

その林先生から「一緒に羊毛つながりの展示即売会をしない?」と誘われ

いやいや恐れ多すぎるでしょーと思いはしたものの

これまでにあまり経験のない「展示会」という形も面白そうなので

つい「やりますー」とお返事してしまったのでした。

 

場所は日野市豊田の喫茶店「香楽」さん。

コーヒー焙煎を愛してやまないマスターの経営するギャラリーカフェ。



私の搬入作業は早いよ〜(笑)

いつも15分くらいで設営するのに慣れてるから〜。

 

 

 

 


 

搬入作業の帰りがけに先生が

「売るものばかりじゃなくていろいろ飾るもの持ってくれば?」

とおっしゃってくれたので、その日アトリエに戻っていろいろ物色。

 

これとか


これとか


これとか

普段アトリエに飾ってあるものを持ち込んでみた。


こちらは毎年恒例の干支マスコット。

今年は令和初、しかも干支一番乗りのねずみ。

なんか縁起いいなぁ〜。



新アイテムの小鳥のガーデンピック(秋冬編)とか。


これもここ数年、秋の定番となった「リスリース」とか。
 

こちらは林先生の草木染の毛糸たち。

たくさんの方が目を細めて選んでいました。

自分が編みたいものを相談したり、いつかは織ってみたいとお話ししたり。


 

 

こちらは注目の的だった「猫の毛ベスト」

先生が17年飼っていらしたトムちゃんのブラッシングの毛を

少しずつ糸にして織ったものだそうです。

「たまには着るんですか?」とお聞きしたら

「着るにはちょっとチクチク固いから〜。でも抱きしめたりはする」と。

もうお空に還ってしまったトムちゃんですが

きっと先生がベストを抱きしめた瞬間はわかるんだろうな〜と思いました。

 

「羊毛を専用の針で形にしていく」ということが

「わからない〜、目に浮かばない〜」という方もいらしたので

2日目からは実演をしていました。

クリスマスカラーのボールを作って窓辺に提げたら、なかなかにかわいい♡


干支ねずみ君はおかげさまで売り切れ。

予約の方の分も完成して発送しました。

時間があったらもう少し作って12月の富士森マーケットにも持っていきます。

 

とても楽しい4日間でした。

初めましての方が多く、たくさんの出会いがありました。

たくさんの方と鳥談義もしました。
日野市の野鳥情報も入手できました(^▽^)

先生も「鳥を好きな人って多いのね」って驚いていらっしゃいましたよ。
 

冬に向かう季節、心温まるウールのイベント。

また来年もできたらいいなぁ。
 

寒い中、足を運んでくださったみなさま

本当にありがとうございました。

アトリエ便り | comments(0) | -
 
Comment