<< 胸熱なことりサミット | main | 2019 ありがとうございました >>

年末の想い

年末の朝。

今日の私は来年の私にひとつ申し送りをする。
今流行の言葉で言えば「卒母」だ。

私はもともと自分が大切なタイプだったから
二人の息子に「こうなって欲しい」というものはなく
「一生続けられるような好きな事を見つけてくれたらいいなぁ」
と思っていたのみで、だからやりたいと言ったことは

状況が許す範囲ではあるけれどやらせてきた。

やり続けたいことを見つけてさえくれればあとは本人が

我慢すべきことはして、やるべきことはして、人とのコミュニケーションも考え

何かしらの持っている能力を延ばす努力もして…

まぁ、大切なことはそこから学ぶだろうと。

 

昔のブログなどを読むと、親にできることは

「人生は楽しいっていう姿を見せること」とか

「子供の好きなご飯を作ってあげるのが親としての応援」
とかものすごく偉そうに書いているんだけど
今になると「結局自分の好きな事してるのは私自身じゃん」と思ったりするけど。

 

そんな中で、自分の親っぷりがすべて否定される出来事があって。

そこから4年半…なかなかに苦しい時間を生きてきた。
 
その苦しみの原因は、ものすごく心配性になったこと。
先のことを心配するとか、転ばぬ先に杖を持って待ってるとか
そういうのとは本当に遠いところにいたはずだったのに
むしろ「失敗して学べ」くらいに思っている方だったのに
その出来事のあとは大学生の次男に対してものすごい心配性になった。
 
今までなら気にしなかっただろう全てのことが気になった。
そして例えば連絡がなく帰ってこないとか
アルバイトのし過ぎで疲れ切ってる姿を見た時
そういう「大学生だもんなー」で済ませていいような場面とか
彼女や友達ともめた…みたいな話を聞くたびに
「この子、死ぬんじゃないかな」って思ってしまうのだ。

どこで何をしているかわからない次男の帰りを待つ夜に震えたり
帰ってこない次男に「何時に帰る?」と送ったものを未読無視されて布団かぶって泣いたり
まぁ、病んでるよね…と自分でも思うことは何度も何度もあった。

 
自分の中ではわかっている。
これはトラウマみたいなものだろうって。
心配しなくていい。
死ぬかもしれないなんていう思いは
次男の生きる力を全否定することになる。
思うこと自体が次男への裏切りなんじゃないか?
でも思うことは止められない。
口に出さなければいいと自分に言い聞かせた。

また、次男が絶対に死なないように、できれば傷つくこともないように
なんてことを思ったら、ものすごく縛り付けなければならないわけで
それはある意味では長男の選んだ道を否定することにもなる。
彼は彼なりの人生の春夏秋冬を生きたんだと解釈している。
死を否定したくない…でも…みたいなそんな辺りをグルグルしてきた。

あーしんどかった。
もうやめた。
本当にやめた。
さよなら心配性。
もっと言えば、心配性の裏に隠れた
「いい親にならなくちゃ」の脅迫概念さんにさようなら。

 
私は長男も次男もとても大切に思っている。
できないこともたくさんあっただろうけど
子どもたちの存在は常に頭の中にあって
何かを決めるにあたっても常に優先順位は自分よりは上に置いてきた。
もうそれだけでいいや。

わかってくれてもくれなくてもそれもどうでもいい。
次男はもうすぐ社会人になり家を出る。
どんなに心配しても手の届かないところに行く。
たぶん、次男もそれで救われることもあると思う。
私もホッとしている部分もある。

家族に大きな出来事があってもその出来事に対する家族の思いはそれぞれ。
タイミングもそれぞれ。前に向かう方法もそれぞれ。
家族で思いを共有するとか支え合うとか、ほんと難しい。

トラウマでもなんでも、もう残った大人3人で
それぞれが抱えて行ったり、乗り越えて行ったりしようぜ。

長いわりにまとまらないことを書いたけれど
私は来年は自分を取り戻す1年にするって決めました。
それをここでこっそり宣言しておこうと思います。
意味不明な文章ですみません。
日記みたいなもんです。
日常 | comments(0) | -
 
Comment