<< 青空トイレ | main | キッチンの天井&壁塗り >>

些細な隙間に棚作り

狭小古住宅リノベの目標はなんと言っても床面積を増やすこと。
そのためにできるだけ天井から吊せるものは吊るし、壁にかけられるものはぶら下げる。
コツは常によく周りを見て、デッドスペースを見逃さないこと。

 

というわけで、今日はキッチンの作り付け吊り戸棚の下と
出入口の間にある高さ20センチほどのスペースに
ラップやホイル用の棚をつけました。(夫がw)


私は扉の付いた棚などに物や備蓄品をしまうと

目に見えなくなった時点で存在を忘れるタチなので、
なんでもこんなふうに見えていなくちゃダメ。
これは本当にベストな棚。
おとーさん、ありがとう♪

 

P.S. 夫いわく「吊り戸棚の中からビス打ちしたから相当丈夫」とか。
ま、ラップとかポリ袋とかそんなに重くないんだけどね(笑)

狭小住宅プチリノベ | comments(0) | -
 
Comment