User-agent: Twitterbot Disallow: 店舗内装 | ベンチに腰かけて・・・

什器作り・糸立て

 さて、久しぶりに大工作業ネタです。

今日は、アトリエの中で最も重要な位置を占める
「糸立て」を作ってみました〜。

糸を立てる部分は、わたし的には定番のパンチングボード。


その穴に棒を刺していくのですが
糸を取り出すときに邪魔にならない程度の間隔にするため
実際の糸を立てながら差し込んでいきます。

ミシンをする方ならわかると思いますが
上糸と下糸って、絶対に並べて保管したいもの。
よく「ボビンケース」というのがありますが
ボビンだけ分けて収納しちゃったら、いざという時に
上糸と同じ色の下糸を探すのが大変なんですよねー。

で、この糸立てでは、こんなふうにしてみました。

ミシン糸を挿す部分は写真の白いコマ。
「ボビンキャッチャー」というもので
本来は上糸と下糸をセットにして保管するためのもの。
これはこれで単体でもすぐれものです。
私はこれをかなりの数持っていまして、いつも使っていました。

今回はパンチングボードの穴にこのボビンキャッチャーの
ボビン用の方を差し込んで、ミシン糸を挿すようにしてみました。

本当は、ボビンの方もこのキャッチャーに収めたかったのですが
すべてをこれにするのは・・・ちょっと予算不足
よって、ボビンの方はただの棒で待機・・・となりました。

パンチングボードの裏に発泡スチロールの板を一枚。

これは、ミシン糸用のキャッチャーやボビン用の棒を挿す時
パンチングボードの穴にボンドを入れたいためです。
後ろの穴からボンドがもれないように・・・と思って。

このボードの完成写真はこちら。


これを枠となる箱に収めます。
万が一の時に糸が転がり落ちたりしないように
ボードを斜めに立てるため、外箱も台形な形につくります。

あ〜、これじゃあ、台形だかなんだかわからないですね。
でも、製作過程の写真はこれ一枚なのでご勘弁。

そして、いきなりですが、出来上がり写真。

高さ1メートル。かなり背高のっぽです。

この写真なら先ほどの台形具合がよくわかります。

そびえ立つ糸立て〜♪という感じでしょうか。

うんうん、これはなかなか満足のいく出来上がりです。
店舗内装 | comments(2) | -

細かい作業あれこれ・・・

さて、今日は、棚を二つ取り付ける予定。
つける場所はこのスペース。

ブレーカー近辺なので、ブレーカー隠す意味もあって。

まず、ブレーカーの下には、うすーい棚を壁ぴったりに付けます。
あ、つける予定の棚の支柱が写真の右に待機してますね。

これは、前の家では私のコレクション(キッチンシリーズ食玩とか)
がずらりと並んでいたのですが、今はおもちゃはしばしお蔵入り。
アトリエでは、うっかりするとわけわからなくなるほどの
ホック、金具、ボタン、ビーズなどを入れたビンを並べる予定。


このビンも、前は半分くらいはタッパーみたいな
プラスチックケースに入れていたのですが
今度からはちょっとは見た目も重視して、ビンに入れ替えていこうかと。

という事で組み立てたところがこんな。


なんといっても奥行き6センチしかない棚なので
地震でも来たらあっけなく倒れるから
(っていうか、地震なくても倒れるに決まってる)
そうならないために、頑丈に転倒防止策を施しました。

その作業のために、塗った壁のペンキが
ガサガサっと剥げたりしましたが、ま、見なかったことに。

さらに、ブレーカーの下の部分に吊り棚を取り付けました。


これで、下から見ればブレーカーは見えません。
でも、前からは見えるので、さらに目隠し。



植木を乗せようと思って買っておいた小さなすのこを立てて
その前にCDとスピーカーを設置。

このすのこも白く塗ったほうがいいね、やはり。

まぁ、そんな細かいけど大切な作業がしばらく続きます。

店舗内装 | comments(2) | -

壁塗り終了〜

ふぅーーー。
壁、塗り終わりました〜!

窓のところから角曲がって、約1m。
これで、部屋の東西南北、全て壁は板張りとなりました。
スイッチの部分は、またくりぬき作戦です。
ここはこのままでいいや。エレクターの後ろに隠れちゃうところだし。

遠景


あ、在庫スペースが丸見え。
ロールスクリーンをおろしましょ。

・・・と、まぁ、こんな感じです。

はぁーーー、なんかすごく終わった感がしますー。

だって、こんなんだったんだよ。
上の写真と比べてみてー。
よくやった、私。(・・・と、言わせておいて下さいな)


これからの作業は、ちょっとこまごましたものになります。
棚吊ったり、ボックス型の飾りだな作ったり、そういうもの塗ったり。
Blue*Benchの作品を陳列することを考えつつの作業。

連休明けくらいには、人を呼べるかなぁ〜なんて思ってますが。
となると、呼ぶだけじゃなくて何かしたいよねーとかも思ってますが。

まぁ、それを考えながら、今日はアトリエ作業はここまで。

明日、恒例の「であいふれあい市」出店です。
八王子片倉町「JA片倉」前 10:00〜14:00

お天気いまひとつぱっとしないですが
今からその準備をします。
雨天中止ですが、お天気でしたらぜひ♪

店舗内装 | comments(0) | -

壁・最終局面、塗装の巻

ペンキ塗り作業は大好きなので、つい写真を撮り忘れた。。。



こんな感じで作業進めています。

床はこんな感じです。


反対側を塗ったときは、床を張る前だったので
床のペンキ汚れをそれほど気にしなくても良かったんですが
今回、ちょっと事情は違います。
もう床は新品ですから。

注・リフォームするときはやはり壁を終えてから床。

そのほうがいいです。絶対。

これ、4/18(木)の深夜の作業。
さて、今から作業続行します。

本日中にペンキ塗り完了できるでしょうか。
頑張るぞー。
店舗内装 | comments(0) | -

壁・最終局面、本番

というごちゃごちゃと細かい仕事をしつつ
高校生になった息子のあれやこれやで
あわただしい日々を過ごしておりました。

「君ー、制服で学校決めたんじゃない〜?」
と、誰もが聞きたくなるような学ランであります。

で、生活のペースも落ち着いたので
いよいよ、最後の大仕事、壁の仕上げに入りました。

前にも載せたけれど、この壁面です。

換気扇カバーの木箱と窓封印用棚は
あらかじめしっかり釘打ち、ねじ止め完了。

ホームセンターでパートしていた経験が役に立ってます。

私、今まで生きてきて、たまたま偶然のように身に付けた技術
たまたま転がり込んだような仕事、何も無駄になってないなぁ〜
と思うんですが、きっとみんなそうなんでしょうね。
「あ、これをするため、"今"のためにやってきたことだったんだ」
そういうものに出会うかどうかだけのことで
誰もがそういうチャンスがちりばめられた日常を送ってるんだと思います。
そのチャンスを手にできるかどうかは「あと一歩踏み出す」なのかな。
なーんて説教じみたことを高校生に語りつつ、作業続行。

まずはここから・・・


ぱこっとはめて、がんがん釘を打ち付ける・・・その繰り返し。


ずずーっと進んで行って、エアコンの下は
のこぎりで長さを合わせてぎこぎこ切りながら・・・。
出窓の棚の下も計って切ってはめて打ち付けて・・・。


窓の上の部分を残して、その奥へと進みます。

端っこまで来ました。角を曲がりまーす。


で、角を曲がって、さらに50僂曚豹覆鵑世箸海蹐能了。

最後に、エアコンの上はどうしようかなーと眺めていましたが
25年選手のエアコン、近々買い換えることを想定して
あまっている板を横つなぎにして、かるく打ち付けるにとどめました。


壁の板打ち付け作業、全て完了しました。
いよいよ、明日から塗り塗り作業に入ります。

店舗内装 | comments(0) | -

壁・最終局面、その前にもうひとつ

今回、アトリエ作りにあたって
結構頭を悩ませたのが「私物」

「飾りたーい、みんなに見せたーい」物がたくさんある我が家ですが
スタッフの「私物と売り物は分けましょ」の一言で
「おっしゃるとおり・・・」と、私的な飾り物は片付けました。
でも、よく使う材料や生地、手芸道具
それと作品を入れておくようなかごなどの備品はどーしよー。

と思いつつ、こんな風にエレクターや衣装ケースに詰まっております。

これは、この部屋においておきたいものばかり。
だけど、どうにも片付けようもなく・・・
結局、このままにして隠しちゃう作戦に出ました。

その隠しちゃうアイテムはこちら。

天井に取り付けたロールスクリーンです。
このごちゃごちゃスペースは「暗くてもいいや」と思っていたけれど
細かい金具や生地の色を見たりするのにやはり明かりは必要で
急遽ホームセンターで買ったペンダントが、なかなかいい感じ。

「とりあえず出窓に乗せてみた棚」の切れ目までがアトリエ。
このロールスクリーンから奥が「在庫置き場」

これでなんだかすっきりしました。満足。満足。

店舗内装 | comments(0) | -

壁・最終局面、その前に・・・

さてさて。いよいよ、壁の板貼り、最終局面です。
ですが、ここが一番広くて大切。
この部分です。


25年物のエアコン(予算余ったら買い換えたい・・・)と
おそらく以前スナックでもしていた事があると思われるような
キッチン跡地のような出窓と上の換気扇。
窓の外はすぐにお隣のなので、昨年夏も窓を開けたことはありません。
開けたら最後、閉じないような気がしたりもします。

なので!どっちもふさいでしまおうと思います。

まず、窓はぐるりとテープで養生してしまって・・・
若干、出窓なのを利用して、棚を乗せてしまう事にしました。

換気扇は、什器として使っていたりんご箱の大きさが
ちょうどよかったので、それをそのままかぶせちゃおー。

とりあえず、置いてみると、こんな感じ。


ま、良いか悪いかはともかくやってみましょう。

ちなみにこの棚、知ってるメンバーいるかなぁ。

一番最初にレンタルスペースでショップした時に
小物を並べるため、ショップ前日に慌てて作ったもの。

ほら。こんな風に。

まだ活躍しておるのですよ。
これを再利用しようと思いまーす。

店舗内装 | comments(0) | -

カオス・反対側も・・・

先日、外とつながっていたお外部分に蓋をしました。
こんな感じに・・・。

     ↓
で、これは、入り口の向かって左側でして
つまり右側もあります。

でも、右側は蕎麦屋風ウィンドーがないので
外とはつながっていないし、それほどカオスじゃありません。
だけど、真っ暗にすると、外の明かりが何ヶ所からか漏れています。
こうやって直し始めてみると
この部屋が暑くて狭かった意味が、よーくわかります。
正直言って、よく地震に持ち堪えたな・・・なほど。

まぁ、それでも左側に比べたら簡単な処理ですみそうです。
そろそろ、材木を増やしたくないので、あるものを使おう・・・と思い
先日床に張った床材の余りを使用。

床材だけではなくて、土台に敷き詰めたシートも貼り込みました。
で・・・作業に夢中になって途中の写真を撮り忘れましたが
出来上がりはこんな感じです。

この床材・・・すごく使えます!

店舗内装 | comments(0) | -

壁、飽きたから床

カオスな穴をふさぎ、全体の壁面積からすれば
大体半分は終わったかなぁ〜というところですが
壁作業に飽きてきたことと、床材が届いたという理由で
ちょっと床に手を付けたくなってまいりました。

ま、要するに狭い室内で、荷物を移動しつつの作業なんで
本当に床材が邪魔でしょうがないんです・・・重いし。

私が今回選んだ床材はこちら。


・・・とたまにはアフィリエイトとかしてみる・・・。
私のアトリエ作りにぜひ、アフィリエイトカンパを!
まぁ、これが、今回のこのリフォームの最大出費だし〜。
この1箱20kgもある代物が6箱。
とにかく張ってしまいましょう・・・ってワケです。

まず、このフロアータイルをひく前に大切なのが地ならし。

これ、こまかーい発泡スチロールのつぶつぶがぎっしりと
薄いけど丈夫なビニールの中に詰まってるシート。
これを敷き詰めてから、タイルを載せていきます。

このつぶつぶのおかげで、防音、防湿効果もあるし
微妙なでこぼこに粒が入り込むので、平らになる・・・というわけ。

そりゃー、例えば何も物がない部屋だったら楽なんでしょうけど
ここは、どっさりある物をあっちこっちへと移動しながら。。。
そりゃー大変でしたよ。

こんな風に、少しひいてはテーブルの足に行く手を阻まれ
テーブルの移動を余儀なくされ・・・ってことは
テーブルの上のものもどかさなくちゃならないわけで。。。


またちょっと敷いては棚にぶつかり・・・
棚を空っぽにしてから、棚をずりずりっと移動させたり・・・

でも、そんな調子でもなんとか全部敷き終わりました。
三日もかかりましたが。。。


はい、ここが最後です。
余った部分を切り取って終了。

壁が白くなり、床も白っぽくなり
ずいぶん明るくなったと思います。

さーて、大きなところで残っているのは
反対側の北東部分の壁。

もう、ひとフン張りですなー。(腰いたい〜)
店舗内装 | comments(0) | -

カオスをふさいだその後


3月10日の記事で「カオスをふさいだ」その続報です。

復習。
ふさいだ部分は

こんな風になり・・・

また、前回の記事で塗っている途中だった壁は
上部だけではなく一面を塗り終わり・・・

こんな風になっておりました。
で。カオスの部分ですが、前回までは
ただ1×4の材木を打ちつけただけだったため
上の部分は外との隙間を補修したビニール丸見え状態。

でしたが・・・まずはここをふさぐことにしました。

でこぼこの原因となっているこのアルミサッシレールは・・・




はじめはこんな「かつてここが出入り口でした」枠の跡です。
その枠を切り取ったさらに跡が、このレールです。

なんといってもレールなので、真横から見るとこんな感じ。
ここを写真のように手作業で切込みを入れた木を貼るつもり。


微調整に告ぐ微調整。
最後には微妙に傾斜した天井部分の角度に合わせて
やすりでゴシゴシ・・・そしてパコッとはめ込み完了。

ふむふむ・・・まぁまぁなんじゃないか?
ということで、これでよしとすることにしました。

この、延々と続くセルフリフォームの秘訣は
「細かいことにこだわり過ぎない」だと確信してますし

「ほとぼりが冷めないうちに塗っちゃえー」
とばかりに白くなった、カオス周辺。

ついでに入り口上部も塗りました。

もちろん、天井付近をはいつくばっている電気配線も塗った。
塗っていいものかどうかはわからないけれど・・・塗ったった。

さて、今日は店舗北西部分が入居時と比べて
どんなに変化したかを見ていただきましょう。

これは本当に入居したての頃。
とにかく私の道具ががんがん積み上げられているだけ。


これは、不要な棚を取っ払った状態。

そして、今。


ほらーーー。
ずいぶん違うじゃないー。
お金かけなくても、結構いけるじゃん〜。

ほくほく〜

店舗内装 | comments(2) | -