お茶のみながら


ドトールでガソリン補給がてらコーヒータイム。

いろいろと後回しにしていた諸手続きにまわり
ひと休みしながら、めずらしくスマホから投稿。

一進一退しつつの日々です。

2年半しか使ってない無印良品の家電が
無料でしか引き取ってもらえない残念さとか
洋服を処分する際、思わずCKのだけ抜いたりとか
そんな自分の現実的なさもしさを感じつつ。

川越に行く時はいつも誰かお友達がいてくれて
一人で片付け作業をしなくていい事とか

時折発作のように襲ってくる悲しみを
いつもいつも受け止めてくださる方の存在とか

息子が職場で予約しておいてくれた
ミスチルのnewアルバムを
職場の方がご好意で送ってくださる事とか

とにかく人間ってこんなにも心暖かなんだ
と、ただひたすらそのことに感謝しつつ
毎日、今日は昨日より少しでも元気でありたい
そう思っています。

いろいろな後悔も、ほぼ一周しました。
後悔、先に立たずってその通りなのですが
先に立たずな後悔を今更しても仕方ないので
謎のことは謎のままでいいやーと
今はまだ努めてそう考えようとしている自分です。

本心でそう思えたらもう大丈夫なのでしょうね。

まだしばらくは川越と八王子を行き来します。
だいぶCDや楽器も減ってきました。

明日、バンド仲間の方が川越に来て下さいます。
何か使えるものとかあればお渡しして、、
それが知ってる方に貰っていただくのは最後。
その後は業者の方になるべく高値で買い取って頂き
八王子のどこかにお墓を買いたいと思っています。

本当は無期限で手元に置いておくつもりでしたが
このところ大きな地震が続いているので
万が一の時、私はこの骨壷持って逃げられないから
やはりどこかに安置すべき、と思い直しました。

まぁ、いろいろ大変です。
でも、とにかくこうなってしまうと
あの子にしてあげられることはもうそんな事だけなので
できる限りのことをしてあげて
私の長男子育てを終わりにするつもりです。

とか言っても、本人がそれを望んでるかどうか
なんてなーんにもわかりません。
ようするに親の自己満足です。

死んじゃうってそういう事です。
いろいろ思うこと | comments(0) | -

ある意味、閲覧注意。ただのひとりごと。

家族の為だけのご飯を作る。
暗くなってからしか家を出られない。
そんなだめっぷりをしておりました私です。

なんですかね。
 
気枯れした自分にお水を上げることすら心が拒否してました。

でも。

昨日、息子が10年近く通っていた主治医のところに
ご挨拶といろいろなお話をしに行ってきました。

主治医様、今回のことを医学的にどうとか何も言わず
驚きもせず、どうして?と理由も聞かず
ただ私の簡単な説明を聴き
まずはただ肩を落としてふぅーっとため息をつきました。
そしてこう言いました。


今の世の中で生き延びるためにわたし達はずるくなるし、汚れていく。
だけど彼は常に純粋で、自分が汚れるのを拒絶し
自分を浄化しよう浄化しようともがいていた。
彼とは10年近くの付き合いだけど、最初ここに来た時と最近とで
魂は何も変わっていなかった。いつも痛々しかった。

自分の中に汚れを取り込むまいとする気持ちや
自分の中の醜さを浄化しようとする方法が
時に喜怒哀楽の激しさと言う形で出るし
音楽にもなるし、神の世界に惹かれたりもしただろう。

だけどあの透明でありたいと願う気持ちのままではこの世は生きづらい。
本当に辛いんだ。そのくらい世の中は汚れているんです。

彼によく頑張ったと言ってあげてください。
お母さんは毎日常に心で彼を褒めてください。
27年、よく頑張ったと誇りに思ってあげてください。


最後に私に。

彼が自分で言う通り、彼は音楽や生き方だけではなく
お母さんに三倍速で苦労もかけたし甘えもしたのでしょう。
満足したのだと思いますよ。

不思議なもので49日の頃になると
お母さんの中で彼の声が聞こえるようになります。
耳をすませてあげてください。必ずそうなります。

これからはお母さんが困ったとき必ず助けてくれます。
子どもの愛は親以上に無償ですから。

彼の話をしたくなったらいつでもここにいらっしゃい。

本当に先生の声は神様の声みたいにお部屋で聞こえました。

そしていろいろな事の謎も解けました。


存在して当然だった一人の人に
もう永久に触れられなくなるというのは
本当に寂しいし悲しいし悔しいです。
それは確かです。

死を再生へのスタートだなんて思えないです。

だけど。
親より先になんて親不孝…とも思えなくなっています。

だけど。
本人が書き残した言葉ですが
「俺の人生は三倍速だった」
というのは本当だったと感じています。

もちろん人は寿命まで生きていくのが勤めです。
それは絶対にそうです。

死を美化しちゃだめなのも当然です。

そういう意味で、このブログのタイトルも「閲覧注意」なんですが
これはほんとに、こんな事になった母親の
気持ちの落とし所だと思ってください。

息子の三倍速人生を私は認めたい。

たぶん、彼のそばにいたほとんどの人が
もがいて生き急いでひたすらだったこと
納得してくれると思います。
「そうだったな」って思ってくれると思います。

これからは先生の言うとおり
「27年間、よくがんばったね」
と話しかけながら一緒にいようと思います。
いろいろ思うこと | comments(2) | -

ご心配をおかけしました。

今までもいろんなことがありましたが
これよりひどい事は人生に二度とないだろうという経験をしました。

あー、ツイッターの方ではもういきなり
今までお世話になった方たちを総ブロックして
長々と(自分にとっては1時間程度に感じてました)
うだうだうだうだと感情をむき出してしまいました。

もう、それはそれで取り返しが付かないので…というか
ツイッターやってて良かったという気もしていますので
もうそれはそのままアカウントごとなかったことにして
それが自己防衛だったのだと自分に言い訳をして
ま、ぼちぼちとリアルなお付き合いに戻れるもんなら戻りたい
そんなふうに思い始めた今日であります。

これまでの27年を思えば
彼としか分かり合えなかったことがあまりに多く
大変だった分、喪失感と言うか同志をなくした思いというか
良い時も悪い時も一緒だった彼の不在は
本当に私自身の半分がどこかにいっちゃう感じで。

でも。
今日、彼とずーっとやり取りしてきたメールを読み直して
まぁ、私は彼に伝えたいことは伝えてきたと改めて思い
それでもそういうことがブレーキとならなかったという
悔しさ、無力さは本当に不意に襲ってくるんですが
やれる事はやったんじゃないかな
言えることは伝えたんじゃないかな
と思えて来た気がします。

ま、そうは言っても自己弁護なんですけど。
何を考えても「自己弁護だよ」という自分の突っ込みがあり
それがとてもしんどいんですけど・・・
でも、ここでボケてしまう訳にもいかないし
次男はまたまた受験前の試練ですが(前回もそうだった)
今「生」の中にあるものは明日のために動かなくちゃ
・・・そんなふうに思っています。

一人暮らししていたため、これから少しの間
その片付けに通ったり、いろいろあります。
これがまた大変なんです。
音楽やってたんで。
わけのわからないものがほんと山積みで。

でも、彼のバンド仲間やギターの生徒さんが
あれこれと手伝ってくれるので何とかなるのかもしれないし
ならないのかもしれません。

最後に、今ではなくてずっと前ですが
息子がツイッターに書いているのを見つけました。

 「俺に何があっても「自分で決めたんでしょ」って
  自分の道を進んでくれそうな母親を見ていると
  色々な意味で肩の荷が下りるなぁ…。」

いやいや、限度がありますって。
でも、基本的にそんな接し方してきました。
だから、そろそろ「自分で決めたんでしょ」って
いって送らなくちゃな・・・と、そんなことも思ってます。

作家さんがみんな待っててくれてる。
ありがとう。
生徒さんも待っててくれてる。
本当にありがとう。

夏の夕方の風が心地よくなり、ヒグラシの声がする頃には
まだ汗ばむアトリエでミシン踏んでいられたらいいな
そのくらいの長いスパンで考えています。

お心を寄せて下さった皆様に感謝しています。
では、とりあえず久しぶりにPC起動記念日の一筆でした。

またね。
いろいろ思うこと | comments(2) | -

しばらくお休みします。

諸事情によりしばらく手作り活動はお休みさせてもらいます。
少しの間、待ってもらえるとありがたいです。

長男が亡くなりました。
今週、家族、友達葬で送ります。

半田雄翔(享年27歳)

通夜 5月14日(木) 18時〜
告別式 5月15日(金) 12時30分〜13時30分
東京都八王子市椚田町535−15 千の風 八王子斎場 くぬぎだ
0120−997−541

私の気の回らなさで連絡できないお友達とかいるかもなので
日程貼って置きます。
さらにもし本人に会いに来てくださる方がいらっしゃいましたら
事前にbluebench1213@gmail.comに連絡を下さるとありがたいです。

でも、本当に小さい会場なので
本人のお知り合いの方以外の方は
後日、私とお茶でも飲んでください。

なんだか文章も失礼な書き方になってるかもしれませんが
どうか許して下さい。

失礼いたします。
いろいろ思うこと | comments(0) | -