お正月作業・家具再利用

 さてさて、今日の話題は家具の再利用です。

この写真を見て、テーブルみたいなやつ・・・

なんだかお分かりになりますか?

これは、実は次男の使っていた勉強机です。
机の上はベットになっていたものなんですが
そのためとっても頑丈だし、長さも2メートルあります。

今の家には置けなかったため、ベット部分は捨ててきました。
が、この机部分はいずれ何かに使える・・・と持参。

とりあえずお店部分置いてあったのですが
いざ、作品展示の台にでもしよう・・・と思ったら
天板からはみ出ている柱の部分が邪魔。
それでも何とか使えるかなぁ・・・と思っては見たものの
ただでも狭いのに、これは本当に意味なく邪魔。。。

というわけで「切っちゃおー」ということになりましたが
なんといっても一辺が10儖幣紊△覲兀爐任后
ちょっとのこぎりでは難ありだったので、丸のこを持ち出しました。
(実は大工道具はかなりそろっている我が家です)
それでもかなーり大変な作業でした。

物理的な作業も大変でしたが、気持ちも沈みがち。
次男は無邪気に「再利用、ありがとう〜」とか言ってましたが
「大人になるまで使えるように」と一番大きくて
頑丈なものを買ったはずだったので、なんか寂しくなっちゃって。。。
とにかく、なんとかして大事に使ってあげよう・・・と思いました。

で、手前の邪魔な柱がついている部分を
天板の端にあわせてまずはカット。
天板の下に、つっかえ棒やらつっかえプラケースをしておいて・・・
カットした部分の足を、天板の下に取り付けられるよう
長さを慎重に測ってにさらにカット。

切り出した足を天板の下にセット。
・・・してみたら・・・最初に切っちゃった横の板と
天板の裏に付けた足の間に隙間が・・・。
そりゃそうだ・・・思いっきり外側にあった足を
天板の内側につけたんだもの。。。

でも、そこは何とかしちゃうのが腕の見せ所。
切り取った足の上に出ていた部分を隙間に挟み込んで固定。

こんな感じ〜。

おおー。大丈夫じゃないですかー。
見栄えはよくないけれど、どっちにしてもこのテーブルは
下にいろんなものを収納して、上から布をかけちゃう予定だから
何の問題もありません〜♪

今はまだ、いろんなものが山のように積まれておりますが
もうちょっときれいにしてから、全体像をお見せしますね。

いやー、やれば出来るもんです。
(って、ほぼ夫のお仕事でしたが。。。)

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

お正月作業・棚撤去

 引き続き「撤去」のお話です。

次は、部屋のあちこちに無意味に
いや、以前住んでいた方にとっては意味があったのでしょうが
どうにもならないくらいの廃材を使って
ご自分で取り付けたと思われる棚の数々・・・。

出入り口の内から見て左側の棚。
これは棚としては作りは頑丈でよかったんです。
あと3僂曚姫Δ亡鵑擦萄遒蠅弔韻討△譴佚欝鄲仂欒阿任靴燭…
壁と棚の背板の間に3cmの隙間があるため
そこから外気や虫が入ってくるのですよ・・・。
そもそも、その3冑分が外と直結と言うあたり・・・
誰のせいなのか、もはやわからないのですが・・・。
とにかく、この棚も撤去して
新しくぴったりに板でも貼ろうと思っております。

さらに、あれば使ってしまうんだけれど
これがあると、壁に板を貼れないので、この辺の棚も撤去。

さらに・・・すでに撤去済みのカレンダーアルミ枠の上にも
あればまぁ便利なんですけど的棚・・・(一応言っておきますが廃材使用)

これも撤去です。。。

「どうして、よりによってこんな廃材を使ったんだろう」
と思いつつの作業でしたが・・・理由がわかりました。

前記事で「危なげな工具」を持ってきてくれたおじさんいわく
「この部屋に、二階に上がる階段があったんだけど
 この作業場を広くしたくて、階段を取り外したんだよ。
 その時に出た廃材を使って棚を作ったんだよね〜」

・・・なるほど。
階段に使っていた棚だから、やたら頑丈なんですね。。。

ちなみに、階段を取り外したのち
どうやって二階に上がったかと言うと・・・

こんな風に家の外側に鉄階段を取り付けたようです。
天空の城・・・みたいな天空の階段です。

素材はアパートなどによく使っている
こういうやつ。

これを取り付けた後で外階段ではなく内階段にすべく
トタンを張り巡らしたようです。

なので、玄関を入るとこんな風景。

外階段みたいな内階段です。

トタン一枚なので、夏はめちゃくちゃ暑くて
冬は氷点下の寒さなんですが・・・

電気もないので真っ暗かと思いきや・・・
外の街灯が半透明のトタンから透けてきて
なかなか趣がある・・・か?

まぁ、そういう階段話も聞けました。

で、階段に使っていた板で作った棚たちは
ほとんど撤去され・・・

かなり、すっきりしたでしょーーー。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

お正月作業・アルミ枠撤去

さて、いよいよお正月も終わりました。
今年のお正月は妙に長かった気がしますが
終わってしまったらあっという間だった気もします。。。
ま、なんでもそういうもんですよね。

このお正月の間に、MYアトリエ(どうしてもアトリエを主張)は
かなり進化したのであります。
これから何回かに分けて、その進行状況をお伝えしまーす。

まずは、よーく写真を見てください。
うちの店舗、出入り口はガラス扉4枚の引き戸なんですが
その引き戸用の枠がなぜか二重になっているのです。
写真の「カレンダー」というシールが貼ってある部分。
これ、引き戸の枠だけが残っている状態。

つまり、以前はこのカレンダー枠のところに出入り口の扉があった。
それを何らかの理由で20センチほど前に出した。
サイズや仕様が同じなところを見ると
おそらくガラス引き戸はそのまま再利用した。
その結果、手前の元出入り口だったと思われる方は
枠だけが残った・・・つまり撤去をケチった・・・。
・・・と言うわけではないかと考えます。

で、この枠を撤去したい・・・と思ったのですが
なんだか自分で出来る気がしなかったので
従姉妹の彩ちゃん(建築士さん)に見てもらいました。

「これは、ねじをはずして全部を撤去するより
 出っ張ってる部分だけ切り取るがよろしかろう。
 壁面と平らになるところで切り取って
 その上から板を張ったりするのが一番簡単ではなかろうか」
との助言をいただき、それを今回、実行してみましたー。

途中経過。


ここで切れれば、後はねじり取れるほどなんです。

取れたっ!
・・・と書くと、簡単に取れたみたいですが
とんでもなく時間のかかる作業でした。
三時間はかかった・・・と思われます。

この作業途中、近所のおじさんがふら〜っとやってきて
「簡単に切り取れるやつを貸してあげる」
となんだか危なげな工具を貸してくれました。

・・・が、それを使うのはすごく怖かったので
「きりきりきり・・・」と金物用ののこぎりで地道に・・・
ひたすら地道に作業を続けた結果カレンダー枠がなくなり

かなり、すっきりした出入り口部分であります。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -