大きなきっかけ

JUGEMテーマ:移動販売

ほとんど眠れずに迎えた翌日…


その日は本当は、近くの河川敷の大きなイベントで
パンを売るというお仕事がありました。

早くに起きてその準備をしながら
大雨の降っている外を眺めていました。 
台風が近づいているという事でしたが
「雨天決行だからね」とお店にも言われていたし
テントも積み込んだし、雨合羽も持ったし
大風さえ吹かなければ・・・と祈る思いで。

そろそろ家を出よう…という時間になり
ふと思いついて、ツイッターの画面を開き
「今日はあいにくの雨だけれど
 おいしいパンを売りに行くので
 強くは誘えませんが、来てくれたらうれしいです」
というようなツイートをしたところ…

「そのイベントは中止になりましたよ」との返信が!

すぐに、イベントのページを開いてみると・・・確かに。
「台風接近のため、安全確保が難しいので
 明日のイベントは中止といたします」・・・って・・・

「大変!パンの用意をしている人に連絡しなきゃ」
と、急いでお店に電話を掛けたけれど、だれも出ず。。。
代表の人に電話をしたら…寝てました。

「その様子じゃ、今日の中止を知ってますね・・・」と言うと
「あら、連絡行ってなかったの?」って・・・。

それはないんじゃないですかーーー?

私は、昨夜も今朝も、そのための準備に時間を費やしたし
自分のことで落ち着かない気持ちの中
なんとかイベント用に頭を切り替えたのに・・・。

まぁ、前もって、自分でイベントのHPを確認しなかったのが
いけなかったと言われればそうなのかもしれないけれど。
でも、お店に「中止」の連絡があったのなら
売りに行く予定の私にも一報あってもいいんじゃない?
・・・と、すっかりへそを曲げてしまったyakoです。

そして、この時ほど
「ツイッターやってて良かった」と思ったことはないです。
あの時、ツイッターでパン売り告知をしなければ…
それに対して、親切に「中止」を教えてくれた方がいなければ…

私は台風の雨風の中
河川敷で途方に暮れていたんですよ・・・。

その瞬間、何かがパチンッと私の中ではじけました。

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

駐車場

JUGEMテーマ:移動販売

そんな中・・・ふと「あ、駐車場を探さなきゃ」と思い
とりあえずネットでいろいろと検索。
駐車場なんていくらでもあると思っていたんだけれど
そうでもないなぁ〜。
この町、急に人口増えているからなぁ〜。

2件ほど引っかかったけれど、どっちもちょっと遠い。
歩いて5分のところは12600円。
歩いて10分のところは10000円。
んー・・・思っていたより高い。
このマンションの住民用駐車場2000円は破格値なんだなぁ。

うちのマンションは「2台目用駐車場」がいくつかある。
だけど、それ自体が抽選になっていて
その抽選はこの3月に終わっているはず。
あと1年待てば、抽選に参加はできるんだろうけれど
とにかく、早急にどこかいいところを探さなくちゃ・・・
(もう、この時点で買う気満々だよね)

「おとーさん・・・12000円の駐車場代を 私に払えると思う〜?」とか。
・・・「知るか!?」な質問してみたり。。。

とりあえず、管理人さんにその辺のシステムを聞きに向かった。

すると・・・

「ああ、2台目だったら、2台分ほど空いてますよ」
前は、2台目も抽選だったんだけれど
不景気なのか、2台目は手放す人が多くて
今は空きがあるんだよね〜」と・・・(うれし泣き)

思わず家に駆けこんで
「ちよっと、ちょっと、駐車場開いてるんだってーーー。
 しかも、すぐそこだよ。うちの窓から見えるとこだよー!」
と思わず絶叫。

相変わらず夫も息子たちも
「よかったじゃん」(ニヤニヤ)・・・とからかいモード。

ああ・・・天が私に車を与えようとしている…
ものすごいパワーの思い込みモードの私でした。
Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

頭が痛い。。。

JUGEMテーマ:移動販売

車を見て帰宅し、通帳や証券会社の時価資産のチェックをし
500円玉貯金の缶を開け…
お金の準備はぎりぎりなんとかなりそう…
となった途端、たぶん私の目がうつろだったんだと思います。
というか、どこか別の世界を見ている風だったのかな。

なにげにぶっ飛んでいる私をからかうかのように
夫も息子も「そうしている内に売れちゃうかもよ〜?」とニヤニヤ。
そのたび「いや。よくよく考えなくちゃ…」と答えていましたが
考えるのは、車の内部改装のことばかり。

夕方、中古車屋さんから電話が来て
「ご覧になった車は助手席が取っ払ってあったので
 一人乗りでの登録だと思ったんですが
 今、車検証をよく見たら二人乗りになってますねー。
 という事は、補助席のようなものをつけると
 すぐに二人で乗ることができますよ」・・・とのこと。

つまり、現在は運転席しかついていなかったため
私が「2人乗りにできますか?」と聞いたら
「登録を2人乗りに変更する必要があるので
 急がないのであれば、次の車検まで
 あと丸々一年残っているので、それまではこのまま乗って
 車検の直前に持ってきてもらって補助席付けて、
 次の車検の時に2人乗り登録にするという感じはどうでしょう。
 もし、お急ぎなら、車検一年分は一旦切って
 すぐに登録し直すことはできますが…」
というお話をしたからなんだけれど。

ふふーん。よしよし。流れはこっちにあり。

「わかりました。また、よく考えます」と私。

私が「お金をかき集めて、全く趣味のための車を買う」
という話をじっくりと聞いてくださった車屋さんは決して無理を言わない。
「了解でーす。では、お返事お待ちしております」
と潔く電話をお切りになる。。。

その話を夫に伝える。
夫。ニヤニヤ。

あー、もう、車を手に入れる前に死んじゃうかも。
だって、なんだか血圧が上がってるみたいで
頭が…痛い。。。ぐすっ

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

へそくり

JUGEMテーマ:移動販売

 
Q 5年間、一生懸命ではなく
本当に気が付いたときにぼちぼちと
500円玉を貯めると…
いったいいくらくらいになるのでしょうか!?



さてさて、いよいよ缶を切りますよー。
(家族が注目。一部悲鳴〜)

開いたところから中を見ると…
意外と少ないです・・・

半分くらい…と思っていましたが・・・
3分の1…といったところでしょうか…

束ねてみましょう…


正解は・・・83000円でした。
何度数えなおしてみても、83000円でした。。。

Blue*Bench号の事 | comments(4) | -

資金集め

JUGEMテーマ:移動販売

 
帰宅途中の車の中…
とにかく理不尽にも腹立たしかったのは
ここのところの株のふがいなさ。
何やってんだか…。

私のBlue*Bench car購入資金の中に
どうしても組み込まれる株売却金。

その中でも大きいのがSONYさん株です。
ただでも購入時の半分くらいになっているのに
ここの所、いい話がない…。

数か月、チェックもしていなかったけれど
今はいったい、いくらなんだろう・・・と気になってしょうがない。

もうひとつ気になっているのは
5年くらいの間、いつかは開店資金になる…
という思いでちょこちょこと貯めていた500円貯金。
100均で買った「満タンで30万円貯まる缶」に入っているんだけど
昨夜、持ち上げてみたところ、半分くらいかな…。

まぁ、いずれにしても不確定要素のこの2件。

確かなのは、10年近くの永きにわたって
1か月5000円ずつ積み立ててきた40万円のみ。

見積書の金額は、登録、整備含めて78万円。
さて、不安要素の多いSONY株売却と500円玉貯金で
38万円・・・あるのでしょうか。。。?

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

う、美しい…

JUGEMテーマ:移動販売

 
中古車屋さんに到着。


見たいですか?車。

見たい?

見たい?


じゃじゃーーーん。これですぅ〜。

ね、ね、かわいいでしょ?

Blue*Benchにピッタリでしょ。

車屋さんにいろいろな話を聞き
私はもう「どうやってお金をかき集めるか」で頭がいっぱい。

そうそう、このお店の営業のお兄さん。
大学の自動車部にいたそうで
その点で夫と話が合っていました。(ラッキー)

あれこれ車体に関する細かい話は夫に任せて…
私の頭はすでに中をどういじるかにジャンプ。

とはいえ「買います」と言ったわけではありません。

見積もりを出してもらい
「私がヘソクリをかき集めて買うので
買えるかどうかをまたご連絡します」
という事でこの日は帰ってまいりました。

Blue*Bench号の事 | comments(6) | -

中古車屋さんへGO!

JUGEMテーマ:移動販売
「あのね、今日連れて行ってほしいところがあるんだけど…」
と遠慮がちに車を見に行きたい旨、夫に伝えると「OK〜」と快いお返事。
車屋さんに向かう車内で、今より少し先に進んでみたいと思っている気持ちを夫に話す。

「いや、でもあれだよね。ネットで写真見たらきれいに見えても
 実際見たらサビサビでやめたーってなっちゃうかもしれないよね〜」
なんて言ってしまうのは買えなかった時への自己防衛でしょうか。

「あのね、へそくり貯金が銀行に50万あるの。
 で、五年間ため続けた500円貯金が推定20万くらいはあると思う」
と皮算用してみたり。

「ガソリン代と駐車場代と保険代は自分で払えるようにならなくちゃ」
と、考えようによってはレベルの低い発言だけど…買う気満々発言。

そして件の中古車屋さんに到着。
Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

願望の現実化

JUGEMテーマ:移動販売

 その車は私の家から1時間ほどのところにある中古車屋さんにありました。
見に行きたいなぁ〜と思いつつPCで写真を眺めて妄想して、にやにやする日々。

そんな日々の間に、いくつか「どうしてもこの車は手に入れなくちゃ」
と思うような出来事が続いたのですが、それはおそらく自分が招いたことだと思います。
人間、強く願えば、現実はそっちに動くものだと思ってますから。

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

出会っちゃった

JUGEMテーマ:移動販売

 日々「移動販売かぁ〜」「車かぁ〜」「お金かぁ〜」
とつぶやきながらも多忙な日々を過ごしておりました。

移動販売については片時も頭を離れず

暇があるとネットで検索しています。

車に詳しい大学時代の後輩が教えてくれた

「ウォークスルーバン」というタイプが今は一番候補。
「いいのがあったら教えて」と、中古車屋さんに登録しました。

とにかく、寝ても覚めても考えていました。
ウォークスルーに自分の作品を積んで開店している絵を描いたりもしました。

まだ持っていない車にディスプレイする図面も描きました。


そして、ある日。

一台の車に出会ってしまったのです。

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

移動販売への想い

JUGEMテーマ:移動販売
お引越し、予定よりだいぶ時間をとってしまっていますが
あとはショップを残すのみ、他のコンテンツはほぼ移動完了です。
HPの引っ越しに伴っていろんなページを見直していると
ブログの記事の最初の方で自分のお店を持ちたい!と書いています。
その願望はぼんやりとした「夢」だったでしょう。
その当時と今とでは決定的な違いがあります。

それは「車を運転できるようになったこと」
実は私、免許を取ってから15年、ペーパードライバーでした。
ここ八王子に越してきて、不便さのあまりハンドルを握ったのです。

そして、車を運転できることによって
「移動販売」という手段が、私の頭では「夢」となっています。
Blue*Bench号の事 | comments(0) | -