12月13日

 ふと寄った本屋さんで見かけた本。


12月13日生まれの人の本です。
占い・・・ではなくて、その星の下に生まれた人の特長。

気に入ったところだけ、紹介しちゃおう。

「いて座の象徴である弓と矢は、スピーディーで奔放な行動力を現し
 その人並みはずれた行動力で夢、成功をかなえる人が多い」

やっほー。やっほー。

あとは大体、いつもとおんなじ。
B型の本も、六占星術の本も同じことが書いてある。

人と同じはいや。
主導権を握りたいタイプ。
目的に向かって盲目的。

親からは早いうちに独立。
子供に依存することもない。
兄弟と友達は同じ程度の意識。
・・・結構、ドライな感じ?

晩年は、気の合う友達とますますつながりを強めるでしょう。
お、ブルーベンチのことかしら〜。


それにしても12月13日生まれの有名人。

織田 裕二。
妻夫木 聡。
瑛太。

なかなか、いい男が多いんじゃない〜?
日常 | comments(0) | -

今週のBUBUちゃん

JUGEMテーマ:ウォークスルーパン

 
と言うわけで・・・
今週末は何かと落ち着かずに過ごしましたが
ほんのちょっとだけBUBUちゃんも進化しました。

後ろの窓にカフェカーテンがつきました〜。

扉を開けるとこんな感じ〜。

このBlue*Benchブルーのブロックチェック柄。
大好きなんですよ〜。
下に大きめぽんぽんをつけて、かわいさアップ。

そして、最近のお楽しみは・・・
暑い日中、BUBU-SHOPのOPENの様子を妄想すること。

車の後ろにターフを広げたバージョン。
お天気の様子を見ながら、車内中心に展示しているバージョン。
お客さんの少ない場所で、のんびりとお店を広げているバージョン。
・・・などなど。

紙を広げて「あ、ここにコルクつけてアクセサリー下げよう」とか
「ターフのポールに、ミニバックを並べて下げたらかわいい?」とか。
いろいろなことを考えながら、グダグダと寝転んでいる至福の時。

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

三連休

三連休が終わろうとしています。
特に何をしたとかどこに行ったというでもなく
川に行ったり、映画を見たり、湖に行ったり
ドライブを中心に、近場をふらふらとしておりました。

今日、ドライブの帰りに寄ったリサイクルショップで
心引かれたガラスの器を購入。



いいもんなのか、いいもんじゃないのかはわからないですが
私の頭の中にある用途にはぴったりのはず。

何に使うか・・・と言えば、メダカちゃんのおうち。

こんなふうにセッティング。



ほら〜。涼しげでいいじゃないですかぁ。

日常 | comments(0) | -

Music dictionary

 夫からいいもの貰っちゃった〜。
これ。


i-phone〜!・・・のお古。

夫が新しいのに買い換えたから・・・なんだけれど
これはもう、携帯電話としては用済みのもの。

「i-podとして使えるよ」ということで
Mr.Childrenの全曲入り。

さらに、YOU兄ちゃんが
BUMP OF CHICKENやらスピッツやら
とにかく、私が一生聞ききれないほど入れてくれた。

そう、これはもう、音楽辞典ですがな〜♪

これで、キッチンやBUBUちゃん・・・
いろんなところで、いろんな曲が聞けるわ。

ありがとう〜
日常 | comments(0) | -

年を考えろ?

 昨日、うっかり倒れたことが結構大問題。

お義母さんから「もう若くないのに働きすぎ」と。

「子供の学費のため・・・とか言うならわかるよ。
 でも、そう言っちゃあなんだけど
 お金にならないことを一生懸命やりすぎ。

 せっかく、車も買ったんだから
 あんまり暑い日は、おうちで好きな針仕事でもして
 お友達呼んでさ、いろいろ一緒に手作り楽しんだりして
 気候の良いときは車で売りに行ったり・・・
 そういうふうに暮らすんじゃなかったら
 車を買った甲斐がないじゃない!」

はい。そうなんですよね。

実家の母にも「いつまでも若いつもりじゃだめ。
周りが心配しちゃうから"はた迷惑"」と言われるし。

ライブに来てくれた親戚から情報が回った従姉妹も
「倒れたんだって?大丈夫?」とメール。

「そろそろ更年期かしらね〜。めちゃくちゃ暑さに弱い」
なんていう話をしたりして・・・。

極め付けが夫。
「どんなに大変でも、好きなことやっていて疲れるならいいけど
 それ以外のことは、みんなの言うとおり。
 そっちが忙しくて、結局好きなことをする余力がなくなるなら
 どっちが大切かは自分でわかるでしょう」・・・みたいな。

あ〜あ。確かに。先週はハードだったからなぁ。
日中、一日も家にいなかったんだ。。。

結果、日曜日にダウン。
さらに、ライブでのダウンも物議をかもしたけれど
月曜日(昨日)は肋間神経痛らしき症状で、息をするのも辛かった。
横になっても、上を向いても、立って歩いても痛いので
結局、せっかくのお休みなのに、これと言って何もできず。。。

何もできなかった自分に腹が立つし。

そうだなぁ。
もともと健康ではあるけれど、体力に自身はない。
特に、暑さには本当に弱い。
無理がきかない年になってきてるのも自覚してる。
だからこそ、あわてて車を買ったんだもの。

みんなに心配をかけたら、何もできなくなっちゃう。
みんなの協力あってこその私。

いろいろと考えなくちゃ・・・だね。
日常 | comments(6) | -

YOU兄ちゃんのライブ

JUGEMテーマ:ライブハウス


行ってまいりました。
YOU兄ちゃんのバンド「reject-minority」のライブ。

なんかさぁ〜、当日はゴタゴタだったよぉ。

「忘れ物がないように指差し確認」と言っていたYOUが
電車の中から「I-pod・・・部屋にある?」とメールしてきた。
YOUはいつも「町の音や人の声が聞こえすぎてパニックになるから
僕にとってi-podは耳栓代わり」と言っているのに、よりによって。。。
「あ〜あ、大丈夫かいな〜」と思いつつ
今から届けられるわけでもないので
ライブ会場に持って行ってあげるから・・・と返事。

さらに、出かける直前になって、TOMOが「頭痛い・・・」と。
おでこに手を当てると熱あるし・・・。

「仕方がないから、お前はおばあちゃんちで留守番」
ということになり、急遽、車で出発。

おばあちゃんちにTOMOを置いて
駅まで戻り、どこか駐車場に停めて、電車・・・
というしかなかったのだけれど、時間的にすごくぎりぎり。

夫が「このまま高速に乗ったら早いんだけれど
中央高速・・・混んでいるかなぁ」と。
「んー、そればっかりは行ってみないとわかんないよねぇ」
と言いながら、ふと思いついて、Twitterに
「中央高速の混雑具合はどうですか?」と流してみると
その時、たまたまTwitterを覗いてくれていた(?のかな・・・)
千葉のかずちゃんが、インターネットで渋滞情報を見てくれて
「調布まで8キロ。その後順調」と教えてくれました〜(感謝!)
その情報で、夫は「よし、このまま行っちゃおう」と決断。

渋谷に向かう車の中でも
「渋谷の東急ハンズの周りって駐車場ありますか?」
とツイートすると「小さいのが結構あります」とか
「渋谷公会堂の横に大きいのがあります」など
いろいろな方から情報がいただけました。

震災以来、株の上がっているTwitterですが
本当に便利なものだ・・・とありがたく思いました。

結局、始まる30分前には会場に到着。
足を運んでくれた兄ちゃんのお友達や親戚にも会え
ほっとしたのはいいのですが・・・

実は、その後、兄ちゃんたちのバンドが登場して
5曲の内、4曲終わったところで、私は倒れちゃったらしい。

らしい・・・と言うのは、何の前触れもなかったから。
具合が悪いとか、めまいがする・・・とか何もなかったのに
突然、どさっと倒れたんだって。
どうやら、原因は貧血&酸欠。

ちょうど、メンバー紹介とかMCのところだったらしく
ボーカルさんが、ステージ上から「大丈夫ですか?」
と気にしてくれたり、兄ちゃんが見て「うちの親だ」
と言ったり、スタッフがいすを用意してくれたりしたらしい
・・・のですが・・・すみません。全く、記憶にございません。

結局、夫に抱えられて会場の外に出て、息を吹き返しました。
気がついたときに「酸素ボンベが欲しい〜」って言ったらしいので
やはり、狭い室内で、タバコの煙もすごいし、酸欠・・・ですかね。

あと、気持ち的にもいろいろと思うところがあって
ステージを凝視していたので
もしかしたら息を止めてしまっていたのかも・・・。

いやいや、ご迷惑をおかけしました。

こうなってみると、車で来たことが本当に良かった。
ステージを終えた兄ちゃんが、心配して外に出てきたので
「大丈夫だよ〜。じゃあね。帰るね〜」と帰宅。

本当は「ボーナスも出たし、渋谷でおいしいもん食べようね」
なんて言っていたのとは全く違うことになっちゃったけれど
YOU兄ちゃんの魂のこもった演奏が聴けたし
今までになく、バンド全体の雰囲気がいいから
なんとなく安心したなぁ。

そうそう、メンバー紹介でボーカルさんが
うちの息子を紹介した言葉がいけてるので紹介。

「リーダーの器には"音楽"と"病"しか入ってないので
 今日、ここで音楽を全て吐き出すと、残るのは"病"だけ」
「みんなを音楽的にがんがん引っ張ってくれるけれど
 足もぐいぐい引っ張ります」とも。

うんうん。うまい事言うなぁ。
だって、本当にその通りなんだもん。

そんな息子の写真がこれ。
ちなみに右端のギター。

日常 | comments(0) | -

時が止まってる

 昼間はあまりに暑いので、うだうだ〜。

夕方になってから、夫が
「湖の近くにドライブでも行くか。
 で、夕食を食べて帰ってこよう」と。

いやはや、名案です。

暑くなってから、どうにも調子の悪い私。
今日も体中がぴしぴし痛くて
家の中にいると、動くのも億劫な有様。

ちょっとどこかに避暑に行きたいなぁ〜
と思っていたところでした

で、出かけた・・・はいいのですが
普段のその町の様子からして
この時期はもっと縁日的な騒ぎかと思っていたんですが・・・

なんで〜?
もうほとんど人もいないし、お店も閉めようとしてるぅ。

おまけに、お土産やさんのあちらこちらには
いまだにクリスマスのイルミネーションらしきものが
すっかり干からびた感じでぶら下がってるし。
極めつけはこれ。

この町、時が止まっちゃったんですね。。。

「なんか、急に寂れちゃった感じ」と私たち。
縁日的食べ物は望むべくもなく
少し山を降りて、以前にも行った事のある洋食屋さんへ。


ぶっとい丸太小屋のこのお店。
木の香りいっぱいで癒されます。

妙に人懐っこい店員さんと笑いあったりして
楽しく、おいしいお食事をいただきました。

夏の夜のドライブは快適です。
・・・が、家に着いたら、やはり蒸し暑かったけどね(^^ゞ
日常 | comments(0) | -

中年女子会

 今日は、中学校の時の仲良しさんたちと
新宿でデートをしてまいりました。

・・・と気楽に書いておりますが、なんと25年ぶりの顔も。

仲良しさんなのに25年ぶり?と言われそうだけれど
同じ東京にいて、会おうと思えばいつでも会える・・・となると
意外と会わなかったりするものなのです。

でも、中学の時、毎日、毎日馬鹿なことをして遊んでいた仲。
何十年たっても、距離感も違和感もありません。

ただ、記憶のほうには多少問題が出てきて
「そんな人、いたっけ?」と忘れられている人がいたり
「それは私は知らないから、高校に行ってからのことじゃない?」
という記憶の混同が起きていたりはするんですが
誰が正しくて、誰が間違えているかも正解がないので
「ま、いいか」と話題は流れていくのでした。

でも、青春時代の友達との昔話って
どうしてこんなにも笑っちゃうんでしょうね。

「これ以上、記憶が風化しないように
 これからはもう少しまめに会いましょう」
というお約束をして解散。

東京に根を生やした組女子会。

久しぶりに都心でおいしいランチとスイーツをいただき
満足、満腹の一日でありました。

日常 | comments(0) | -

ナビ装着

 先日「大学のときのお友達からナビもらっちゃった〜」
という記事を書きましたが、ブツはあれからすぐに到着。

機械や電気のことはちんぷんかんぷんな私は
これに関しては夫に全てをお任せ。

夫がネットで取扱説明書などを手に入れて
さっそく取り付け作業をしている様子や
途中、なにやら発生した問題について
ナビをくれたお友達と電話でやり取りしている様子を
なんとなく感慨深く眺めていたり・・・
つまり、傍観しておりました・・・すんません。

で、取り付けは完了し、ずっと使っていたのですが
これがなんとも奇妙ではありました。

例えば、自宅に向かっていると・・・
車は前進しているにもかかわらず
自宅の場所は画面の下。
矢印もちゃんと(?)画面の下方向を指し示している。
前に走っているのに、画面上では後ろに進んでいる。

夫にチラッと話したら
「車が古いからなぁ。
車速センサーがないせいかなぁ」と。

「ふーん。見難い気もするけれど、まぁ、いいや。
そのうち慣れるでしょう」なんて言っていたのですが・・・
(よく考えると、慣れるわけがない・・・よね)

ナビをくれた子にお礼がてらその話をすると
「進行方向が上、というような設定がありませんか?」と。

どれどれ・・・

ああ〜、ありました(^^ゞ
って言うか・・・
「画面の上方向が常に北」という設定になってました〜(^^ゞ゜

と、こんな調子の私です。
(スタッフの皆さん、不安ですかぁ?)

それにしても、ナビだけはエボを超えました!


普段はこんな風に格納されているのですが

エンジンをかけると、ウィーーーンと・・・
画面が出てくるのぉ〜(感激)
・・・もしかしたら、こんなの今時
当たり前でしょーか。。。

スピーカーをケチっちゃったもんだから
CDを聞こうとすると、電車の中の音もれ小僧の音みたいに
いらっとする感じだから、これはそのうち買い換えようっと。

Blue*Bench号の事 | comments(0) | -

原価意識

 月、火の二日間、お仕事先のパン屋さんで
「カレーフェア」のランチを担当。
「タイ風グリーンカレー」を作りました。

二日間とも盛況で完売。
ありがとうございました〜。
みるみるさん、食べに来てくれてありがとうね。

来年もまた、よろしくお願いいたします。


ところで、昨日になって「原価計算」をしました。

食べ物系のお店はどこも大体同じと思いますが
販売価格の三割が原価がちょうど良いことになってます。
うちのお店では、一割が原材料、一割が人件費、
残りが設備投資や店舗運営費・・・ということになっているらしい。

つまり、うちのランチ価格は650円だから
二日間で20食・・・売り上げは13000円。
・・・とすると、原価は4333円以内・・・
なんだけれど・・・今回の原価は5555円!
油、調味料など、細かい部分も足したら
おそらく6000円以上でしょう。

・・・これだとだめなんです。
儲からないんです。

今回は「カレーフェアはイベントだし
"そんなこともやってるんだ〜"という宣伝もあるから
いいのよ〜」って言ってくださってますが。。。
日常で言えばだめなんです。


じゃあ、手作り手芸品の場合。

よく「値段つけるの難しい〜」と言われます。
確かに。私もそう思います。

手作り雑貨を売る本などを見ると
飲食店と同じように、原価+人件費(制作費)+設備費
と書いてあることが多いように思います。
個人で物作りをしている場合でもこれは同じに考えていいとは思います。

お店じゃないのに設備費?と思われるかもしれませんが
作ったものを販売している以上
例えば、ミシンの修理費、針や糸代・・・というものですが
そういうものが、普段の売り上げによって準備されたら
それはそれでいいですよね〜。

また、ある本には「自分の時給を自分で決めて、人件費に反映」
と書いてありますが、自分の時給って?ってなりますよね。
労働省の決めた「最低賃金」を基準に・・・
という説もありますが、それが「780円」くらいの昨今
どう考えても無理がある・・・というものです。
一時間くらいかけて作ったポーチを1000円で売る場合
8割が人件費・・・ということになっちゃいますから。

いやいや、実際はそれだって誰も困らないわけなんですが。
逆に「もらった生地で作ったし〜」「設備費は要らない〜」
という場合、丸々制作費・・・ということだっていいわけなんですが。

でも。考え方として、それはやはり違うんですね。

なので、私は基本的には「原価×3」を採用しています。
オリジナル作品を作るとき、必ず見本を作りますが
その作り方、布の要尺、必要部品などをファイルするのですが
その時に割りと細かく材料原価をメモしておきます。

そして、実際に商品を作った時
その原価×3の値段に、微妙に足し引きします。
だから、同じアイテムであっても
「これはコットンだったけれど、こっちはリネンだから300円増し」
みたいな事がわりとよくあります。
逆に私などは、そのほうが誠実だろう、なんて思っていたりも。

といっても、値段付けの基準は人それぞれ。
ブルーベンチの作家さんは、お年を召した方も多いので
「100円とかでいいわよ〜」なんていうこともよくあります。
「作るだけで楽しいんだから・・・」と。


そんな風に、値段は作家さん任せのブルーベンチなので、
ものすごくお得なものがあったりなかったりします。

でもね、本当は自分なりの原価を死守すること
つまり「原価意識」って大切なんですよ。


って、あれれ。何の話だっけ?
そだ。えらそうにいったわりに・・・
カレーフェアの原価計算は失敗したっていう話・・・ね。
日常 | comments(0) | -