メリークリスマス


まずはメリークリスマス♪
今年はBUBUちゃんにツリー乗っけてますので
家のデコはガーラントに電飾絡めたり、そんな感じ。

こんなとか。とても質素です。

ついったで他の人たちとも話したのですが
「男の子ってつまんないよね。こういう時、思うよね」と。
ケーキ食べて、チキン食べて、ハイおしまい。
だけどみんな「まぁ、楽でいいけどねー」と、これまた結構本心から。

ちょっとした疑問ですが、女の子のお母さんは
女の子のお母さんをやっているうちに
女の子のお母さんになっていくのでしょうか。
それとも女の子のお母さんになるべくして
ちゃんと選ばれて女の子のお母さんなんでしょうか。。。

男の子の母親は子どもが大きくなると、ほぼみんな
あんまり・・・あんまりですよ?
家庭内での年中行事を大切にしなくなっていく気がします。
で、それを「楽でいい」と結構心から思っている人が多いような。。。

そういう事の積み重ねで
女の子のお母さんは女の子のお母さんらしい慈愛に満ちた顔してるし
男の子のお母さんは男の子のお母さんらしい割りと強気な顔してる。
それがずっとなのか、だんだんそうなっていくのか・・・
ま、わかんないんですけど。

ちょっと年の上の人が
「女の子のお母さんは、そのまま孫の世話に突入。
 一緒に御節作ったり、お買い物行ったりを楽しむ。
 男の子の親は家でやることがなくなっちゃって
 旦那とラブラブなら夫婦で旅行行ったりするだろうけど
 わりと年取ってからボランティア的仕事に出たり
 友達同士で年末は温泉行ったりさ、外に行くよねー」と。

ま、これもどのくらいの数の話かわからないですけど
なんとなーく、信憑性があるような気がしています。
そして、私もきっと「温泉組」のような気がします。。。 

そんな私ですが、実は季節の行事は好きなほう。
家でパーティーなどはしなくなったけれど
Blue*Benchの作家として、毎年クリスマス小物作りに
せっせと忙しくできるのだから、なんかちょうどいいです♪

さてさて・・・

イベントブログでご紹介した様に
年内のBlue*Benchの活動は終了しました。
まぁ、ぼちぼちの出店なので、おやすみが長いとか短いとか
そういう話ではないわけですが
無事に一年をやってこれた・・・と言うことで
やっぱり安心しますし、充実感もあります。

なんだか、昨日あたりから、クリスマスというより
大晦日みたいな「終わった感」に包まれておりまして
ついでにこちらにも一年の〆の言葉など書いておこうと思ってます。

今年は本当にいろんなことがありました。
夏過ぎた頃から、何もない日は数えるほどしかなく
よく生き延びたもんだ・・・と、ちょっと思います。

でも、私生活的にはラインはずっと下を這っていた感じしますが
お仕事的には上を向いている気がしています。

パン屋さんでは、販路拡大にいろいろやらせてもらいました。
Blue*Benchは定番の出店場所のほかに
イベント的出店もやらせていただき
「また、お願いします」と言っていただきました。
商品を買われた方から、オーダーを頂くことも増えました。

まずはお買い物してくださったお客様に
そして、出店でお世話になったお店の方たちに
心から「ありがとうございます」と言いたいです。



それから・・・今年学んだこと。
私は、この活動を始めてから初めて
予定していたイベントに自分が行けない・・・という経験をしました。

「行けない=出店キャンセル」としか思えなくて
本当に悔しくて、何日もちょっと泣きました。
どうにかならないかとじたばたしてみましたが
1人で丸抱えするしかない出来事だったので
どうにもなりませんでした。。。

でも、そんな時、どこかで目にした言葉。
「人に"助けて"と手を伸ばせない人は
 結局"助けて"と伸ばされた誰の手も握らない」

本当にそうだなぁ・・・と思いました。

私は、助けを求めることが苦手です。
「長女体質」とか「姉御肌」とかいろんな言われ方をしてきましたが
「為せば成る」の高度経済成長的学校教育の元で育ったせいかな・・・
と自分では思っていますが、どうなんでしょうね。
後は共働きの家庭だったために「それはあなたの仕事」「これは私」
みたいな分業が身についてしまっているのかもしれません。

まぁ、原因を探っても仕方ないのですが
とにかく、自分がやってきた仕事は
自分ひとりで何とかしようと必要以上に強く思うところがあって
今まで、それで「本当に困った」ということがありませんでした。

でも、今回は本当に困りました。
手に持った荷物をスタッフに持ってもらうのに、何日も考えました。
無責任なんじゃない?・・・と思いました。

だけど、私が自分を無責任だと感じることよりも
「いつも通りにお店をする」事のほうが何倍も大切・・・そう気付きました。

それで、スタッフに事情を話し
「現場まで作品積んで車で行くから、やってもらいたい」
と頼んだら、その返事が「わかった、やってみる〜(はあと付き)」の一言。
その時のメールが、たった一行だったことが本当にありがたかった。

体の力が一気に抜けました。
そして、持っていた荷物がふわっと軽くなりました。

当日、その日は今年で一番暑かったといわれる日でしたが
二人のスタッフと、その子どもたち、お母様たちで
本当に暑い中を頑張ってくれました。

言葉にすると軽くなっちゃう気がするんだけれど
感謝してもしきれない、本当にうれしかったし、ありがたかった。

だって、この日、キャンセルにしていたら
もしかしたら私は、その日からもう活動に戻れなかったかも。
本当にそのくらい追い詰められていました。
だから・・・ほんとうにありがとう。


その後もいろいろあったけれど、いつもみんなが支えてくれる。
だから、私は本当にいつもふらりふらりと風に揺れて
今にも地面に倒れてしまいそうな枯れススキみたいな店長だけど
でも、しなやかに、やわらかく、倒れそうでもまた起き上がって
ずっとふにゃふにゃ〜っとみんなの真ん中にいたいと思っています。

・・・そんなことを考えている年の瀬。って言うか、クリスマス。


今年もこの手帳を買いました。


毎年使っている「夢かな手帳」です。
来年もちょっとでいいから夢に近づきたい。

この手帳に書き込まれる予定が
キラキラした予定でありますように。

今年の手帳は、もうすぐ燃やしちゃおうと思っています。

では、とりあえずこれは今年の最後の記事。
とにかく、とにかく、みなさんに感謝です。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

あ、ついった始めてからどうもブログがおろそかになってるけれど
来年はまたちゃんとブログ書きたいと思っております。

じゃーのー。

日常 | comments(0) | -

母の草木染イベント

2012年、10月12日〜15日
母が、故郷の青森県八戸市で、高校の同級生三人組で
三人それぞれのライフワークを持ち寄っての展示会を開催しました。


今日は、その様子をお伝えしたいのですが
とにかく、受付と雑用だけをしていた私が
その業務に追われるほどに忙しく・・・
なにかエピソード的なものはお話できないのですが
ご報告がてらの写真を眺めてくだされば・・・と思います。


今回、会場になったのは、八戸市が地域の資源を大事に想いながら
まちの新しい魅力を創り出すために建てたポータルミュージアム「はっち」

それはもう、できた時からの私の憧れの地。聖地。
いずれ年をとってUターンしたら、ぜひ入り浸りたい場所です。
ここの3Fのギャラリーを借りてのイベントでありました。

まず、入り口で目を奪われたのがお花。
何者の展示会なんでしょう・・・という感じ。


中はひっきりなしに訪れるお客様と
あちこちで開催されている同窓会で大盛り上がり。


「あらー、あなたは何期生ですか?」という会話に
伝統のある学校であることが伺われます。
私もこの高校の卒業ですが、一体何期生なんだ?
以前は地元で「お嫁さんにするなら東高校の子」
と言われていたらしいですが、私の時代には進学校になっていました。

別角度から。


母のお友達の二人のうち、一人はステンドグラスのKさん。
 
 それはそれは美しいです。
そして、どれも大作。

もう一人は書のKさん(あ、どっちもKさんだ・・・)

とても勢いの書をお書きになる方で
お話してみると、生き方そのものに勢いを感じました。
この日の前日も夜中の3時まで筆を持っていたそうです。

さて、こちらが母のコーナー。



最初に迎えるのが、この二枚のタペストリー。
以前、母が書いた「芙蓉の花」という
朝鮮からの引き揚げ体験記の心象風景を
見事に表現してくれた二枚だと母。
どちらも染めた布を裂いての裂き織りです。


2枚の大きなパッチワークタペストリーは
「国際キルトフェスティバル」で何度か賞もとったことのあるSさんの作品。
母の新米教師時代の教え子なのですが、今はもう、お友達・・・ですね。
いつもいつも、母のはぎれですばらしい作品を作ってくれています。


梅干を干すざるに並べられた絹のハンカチ。
それぞれに「なにで染めたか」のシール。
草木染は唯一無二だなぁ・・・とつくづく。
このハンカチは「売ってほしい」という声も聞かれましたが
今回は販売は一切しませんでした。
(ブルーベンチではお取り扱いしてますよ♪)


今や幻と言われるほど貴重な「南部紫」の紫根染め。


こちらは反物。
 
いつの間に、こんな大物を染めていたのかしら。。。

こちらは染めた反物を着物に仕立てたものです。
着物のすそ、袖などにパッチワークをあしらって。
 
ピンクのほうはアカネ染め。
藍色は藍染です。

ここでちょっと、母のファッションショー。
まずは初日。

初日は薄紫(もちろん手染め)のお着物。
染めた糸で編んでもらった羽織を着て。
とりどりの紫をモチーフ編みにしてつなげたもの。
とってもかわいかった。。。ほしいな、これ。。。

二日目。
 
山本寛斎さんのところで働いた経歴を持つ方に
デザインと仕立てを頼んで作ってもらったポンチョ風のお洋服。
首に結んだスカーフの後ろをとめているのは
やはり、染めた生地で作ったブローチ。
すずらんのような小さなお花がシャラシャラ・・・と揺れます。



三日目は薄いピンク地の着物にうっすらと水色と紫の線が入ったお着物。
生地のアップがないのが残念ですが、その線は木目調になっています。
そして、この着物に締めた帯には自分で書いたと言う
「涼」という文字が染め抜いてありました。
上に着ている道行も編み物。
たくさんのお花が咲いているような不思議な模様編みになっていました。

最後に、この山盛りの染め布。

ふわふわっと軽い生地を染めたこの布は
実は端っこが結んであり、広げると万国旗のようにつながっています。

これは、母の「祈り」のハンカチです。

母の妹、木村かおるは北朝鮮の拉致被害にあったといわれています。
母は、今でもその救出活動をしています。
「生きているうちに妹の無事を確かめたい」
それが母の願いです。

このハンカチは、数年前に東京都庁で行われた
特定失踪者についての調査を進めて欲しいという大集会の時
壇上で気持ちを訴える母の後ろにはためいていたものです。

今回は、そういう主張のための展示会ではなかったので
クルクルっとまるめてかごに盛られておりました。
苦労知らずの様な母の笑顔ですが
本当に大変な思いをしてきた人です。

私も以前、こんなことをやりました。
興味がある方はご覧ください。
「拉致被害解明を祈って。ブルーリボン運動。」
このとき皆さんの力で作り上げたタペストリーは
今でも時々、母が講演会をする時や署名活動をする時に
展示させていただいております。


さて。昨日の夜のことです。
一日早く東京に戻ってきた私に
いろいろと手伝ってくれた従姉妹から「無事に終わった」
というメールが届きました。

「四日間、準備も入れたらもっと・・・
 80才三人組、よくがんばったよね・・・」と。

本当に。
そのエネルギーはどこから沸いているんだろう。

イベントって自分もやるからわかるんですが
一日だって大変。ぐったりします。それを四日間。。。ひぇーーー。
しかも、聞けば1000部刷ったパンフレットがたりなかったとか。
・・・すごすぎます、その動員数。
さらに、四日間を通して、三人組は常に笑顔でした。
疲れたところなんてみじんも見せていなかった。。。
無事に終わった・・・という安心感と同時に
母を誇りに思う「尊敬の念」というものが湧き上がりました。

従姉妹に話しました。
「すごいよね。お墓に埋めちゃうわけにいかないね。
 みんなで何かしないとね・・・」と。

そういう責任をちょっと感じた昨日です。
お母さん、お疲れ様。
イベント | comments(0) | -

秘密の裏庭に・・・

120921_085532.jpg
朝から鍬かついで荒れ地を耕していたら

二メートル級の猫じゃらしの間からこれが!

彼岸花じゃない〜?すてきー!
日常 | comments(0) | -

誕生日・・・だったのです

八月の終わり・・・
夫と次男がお誕生日でした。

ちょっと遅れちゃったけれど
今年のバースデーケーキは特別なのでUP〜!



菓子店「manna」さんに特別に作ってもらったケーキです。

mannaさん・・・ごめん。
きれいな状態で撮りたかったのに
あまりのおいしそうさに負けて、ナイフ入刀しちゃった〜っ。

「うちの旦那、キウイとかパイナップルとか
 南国フルーツが好きなんだよねー」
という私の希望を見事にかなえてくれたトッピング。
程よい甘さのふわっふわの生クリーム。
クッキーに書いてくれた二人へのメッセージ。

まさにオリジナルの王道でしょ。

さらに、スポンジの間のクリームにも、こんなにフルーツたっぷり。


ああ・・・書いているうちに食べたくてたまらなくなりました。

でもmannaさん、金曜日しかあいてないのよね。
でも、だからこそのこの丁寧な作品なんだろうなぁ。
・・・ケーキって作品?いいよね。私から見たら作品だもん。

菓子店「manna」 毎週金曜日開店。
詳しくはこちらから♪
日常 | comments(0) | -

富士森、行きまーす!

JUGEMテーマ:handmade
 
9月8日(土)富士森公園手仕事アートマーケットに出店します。

・・・と言うことで、日曜日にBUBUちゃんをお掃除していたら
突然の雷雨に見舞われて、車内で30分孤立してました。

「こんなことなら、シャンプーで洗ってればよかった」
・・・と思ったのは言うまでもありません。
でも、まぁ、雨を拭き取ったら、ぴかぴかになったからよしとしよう。



それにしても、作家さんから早くもハロウィン物が届いています。
きゃーーーっ、そうなのね。そんな季節なのね。
イベント | comments(0) | -

9月になりました

そうこうしているうちに、9月になりました。
そして、9月になったとたん、雨降るし、夜は涼しいし。
急に秋がやってきたーーー様に思いますが、たぶん今だけ。

この夏は、本当にいろんなことがありました。
よくない事ばっかりだった気がする時もありますが
その事実を「結果、よかったんだ」と持っていくには
どの道を選択すべきか・・・いまだに考えながら歩いています。


それはともかく。
涼しくなったとたんに制作意欲に燃えている私。

涼しいことが原因ではなくて
やっぱり、縁によって結ばれた方たちの
無意識の後押しのおかげだと思います。

そんな中のひとつ。
前回の記事でチラッと書いたマナロールさん。

彼女は同じ八王子で「菓子店」を経営されています。
「パティスリー」とかじゃなくて「菓子店」ってところが、なんかいいよね。
そこの大人気商品が「ロールケーキ」。
私は勝手に「マナロール」って呼んでるんですが
商品名は「ロールケーキ」なんだそう。
その画像はこ・ち・ら・・・(マナロールさんのブログから転載)

ふわっふわのスポンジに絶妙バランスのクリーム。
そのクリームにくるまっているのは
バナナとキウイとラズベリージャム。

実は昨日、そのマナロールさんがあるイベントに出品していました。
その応援に(実は彼女のお菓子が食べたかったから)出向いたのですが
その時、お土産に持っていったのがこれ〜。

マナロールのストラップでーす。(ちょっと写真暗いなぁ・・・)

マナロールさんとの絡みはまだまだお伝えしたいことがあるんですが
とりあえず、今日はここまで。

9月に入って、やっとで始動し始めたyakoの近況報告でした。

あ・・・こんなのも作ったよん。


フェルトのケーキ作りカムバーック的にはまってます。
縫・編・織・染・作 | comments(0) | -

ご縁

相変わらず泣き笑い(笑いはあまりないけど)の日々を
粛々とすごしておりますが…
そんな毎日だからこそ、心に沁みる人との出会いがあります。

以前、Blue*Benchでお仲間だったTさん。
ある日、突然彼女からメールをいただきました。
その後、またちょくちょく会ってはキャピキャピおしゃべり。

彼女とのつながりが復活したことはとてもうれしい事。
彼女は、活動を立ち上げたときのパートナーで
本当にハイテンションに突っ走った大切なお友達です。

でも…突っ走りすぎたんだよね、あの頃。
私生活的にもお互いいろいろあったりして。
その後、Blue*Benchの活動の形が変わってからは
少し離れた場所にいたのでした。

その彼女が、またすばらしいご縁を運んできてくれました。
同じ市内でお菓子屋さんをやっていらっしゃるマナロールさん。
最初はイベントのお仕事のお話でした。

でもね。

なんていうんだろう…マナロールさん…
会ってからはもちろんだけれど
会う前にお電話などでお話したときから
私は「同じオーラ」を感じました。(ほんとよ)
馬が合う…っていう言葉に言い換えれば「馬」が合いました。
…別に言い換えなくてもいいか…

そんなマナロールさんとのイベントの話が進行中です。
詳細はもう少し話が立て込んでからにしようかな…。

今日は、マナロールさんとBlue*Benchの縁を結んでくれた
Tさんがくれた、こんな胸キュンキュンなものを
皆さんにご紹介して…話を引っ張っておくことにします。

ミニトルソーが着ているワンピースとエプロン。
なんと、胸には「manna」(マナロールさんのお店)と
「Blue*Bench」のスタンプ入り〜♪
しくしく・・・(なぜ泣くっ…うれし泣き)



Tさんの正体がばれちゃうね。
ばれちゃってもいいのかしら…。
ま、いいかぁ〜。
日常 | comments(0) | -

お久しぶりです

JUGEMテーマ:今日のこと

いやはや、前回の更新が「ほたる」ってことは
梅雨真っ只中の頃の記事なわけだから
どんだけ時が流れたのか・・・びっくりします。

ネットで日記やらブログをつけ始めて15年近く経ちますが
これだけ間が開いたのは初めてのことです。
ま…それだけちょっくら大変なことがあったんだな・・・と
寛大に受け止めていただきたいと思います。

山は登り続けていればいつか頂上に着きます。
雨だって雨宿りしていればいつかやみます。

こうやってブログをつけていられるってことは
登っていた山が、高くはないのに森の様相を呈していたがために
道に迷ってしまい若干遭難しかかったり・・・
雨宿りする軒がなかなか見つからなかったりして
ずいぶん時間はかかりましたが
何とか無事に戻ってこられたということです。

私の道筋に灯りをともしてくれたBlue*Benchのスタッフさん
パン屋さんの同僚の皆様、家族、親戚中の皆様・・・
一緒になってワタワタしてくれたお友達・・・
本当にみんなに「ごめんね、ありがとう」です。

さてさて、9月にはずっと楽しみにしていた出店があります。
それに関しての打ち合わせも進行中。

進行していないのは、作品作りのみ。
大変。大変。
そろそろ馬力かけてがんばらなくちゃ〜!


私の登っている山は、今はすこしなだらかな尾根ですが
頂上に着いたわけでも、無事に下山したわけでもなく
この先ずっとなだらかだったらいいな…と祈りつつ
ぼちぼち、ぼちぼち・・・足を前に出していくしかない
・・・そんな感じですが、ま、出来る限り頑張りまーす。
日常 | comments(6) | -

ほたる

 昨日の嵐から一夜。

なんと!今日の八王子は全国一暑かったらしい。
・・・熊谷を笑えない。(熊谷を笑うのは個人的理由)

梅雨の蒸し暑い日の夜・・・
と来れば、やっぱ「ほたる」でしょーーー。

テスト中の次男に断られたので
マンションのお友達を誘って、出かけてまいりました。

で、写真も撮ってきましたが・・・見る?

どってことない写真って言うか・・・
「ホント?どこどこ〜?」みたいな・・・(^^ゞ


ね。飛んでるでしょ。


ね。いるでしょ。

終了ーーー。

それにしても、蛍のいるところって暗闇。
友達と手を握って「怖い〜」と言いながらのお散歩。

ふふ・・・まぁ、それがまた楽しかったんですけど〜(^^)
日常 | comments(4) | -

赤毛のアン・21号〜30号

「アンはどうなった〜?」と言う声をいただいて
「そーだ❢しばらくupしてないや」と思ったんですが
ちゃんと進めてますよ〜❢

ただ、ここのところ地味〜な仕事が多く
一応写真には撮っていましたが

こんな風に部屋の隅々に巾木を取り付けたり・・・。


暖炉を設置する場所に柱を取り付けたり・・・。

そんな感じでしたので、記事としてはいまいちな感じでした。
なので、今日は少しまとめてのアップになります(^o^)

まず前回は階段作りをしてましたね。
その階段は

リビングの曲がり階段はこんな風につきました。


玄関から入ってすぐの廊下の階段はこんな感じ。
家に入ったアンの視線で写真撮影してみました。

階段が付くと、次からは天井貼り。

天井を取り付けてから、その上に床を貼って行くのですが
部屋と部屋の間に取り付けてある壁に合わせて
天井板のくぼみや切り込みの長さ、厚みにやすりをかけ
ぴったり合ったところでボンドで貼り付けるのですが
上手く貼れたと思っていても、数日後見ると板が反っていたり
それをまた修正したり・・・そんな日々なんですのよ〜。


これがおうち全体に天井がのったところです。

そういう作業と同時並行で、生活小物作り。
前にアップした「マリラのマット」の他
植木鉢とかテーブル、カーテン付け・・・とか。

マリラのマットは無事に完成して・・・


リビングに敷いてあります。
隣に見えるアイロン台も、ただの板だったものに
キルト芯と布を張って、より"らしく"作ったものです!

天井のついたもう一部屋。
えーっと・・・ここは何のお部屋だっけな。
暖炉のあるお部屋です。かなり、部屋らしくなってるでしょ♪


そして、ここ5、6号はずっと二階の床貼りでーす。
床は、ただ貼るだけではなく、一度全体にやすりをかけて
板目に添ってところどころ色をつけたり、溝を汚したり
使い込まれた感じを出して行くので、割と大変。
・・・でも、嫌いな仕事ではないです。

小物の食器棚なども、手すり部分の色を剥いだり
マチ針使って、わざと虫穴をつけたり・・・
結構こだわりのある、それなりに「私なり」なものを作ろうとしてます。

現在、二階床をほとんど張り終えて、こんな感じ〜。


これからは二階の壁・・・かな、多分。

楽しみに見てくれている人がいるとわかったので
これからも頑張って行こう〜!っと。
赤毛のアン | comments(2) | -