痛みの数値化

 うちの長男は、双極性障害というものらしく
人生のビックウェーブを風呂桶に乗って上下しつつ
たまに風呂桶からひっくり返っておぼれてみたり
渦巻きのように周りを巻き込んだりしております。
まぁ、それはそれで色々と大変なんですが・・・
その他に「慢性疲労症候群」という謎の病気も持っています。

二年ほど前「背中が痛い〜」と言い出しました。
最初は私も「姿勢が悪いからじゃない?」とか
「運動不足なのよー」と言っていたのですが
徐々に痛む箇所も痛みそのものも増してきて
リンパ腺が腫れたり、起き上がれない程痛む日もあり
「いや、これはちょっとまずいでしょう」と動き出したのでした。

あの頃、何ヶ所の病院に行ったでしょうか。。。
一般的な血液検査やレントゲンでは原因が見つからず
内科、整形外科、心臓内科、循環器内科・・・
インターネットであれこれ調べては病院めぐりをしていました。
でも、その全てで「どこにも原因はない」と様子見を言い渡され
気休めに消炎剤の軟膏を塗りながら、不安な日々でした。

ある時、長男が精神科の主治医にその痛みの話をしたら
「繊維筋痛症かも知れないから
 大学病院できちんと検査を受けてきなさい。」と教えてくれ
近所の大学病院で検査を受けた結果
「慢性疲労免疫不全症候群」と診断されたのでした。

長男の精神科の主治医には本当に感謝しています。
あの一言がなかったら、今もまだ医者探しをしていて
ちゃんとした治療にたどり付けていなかったかもしれません。

とはいえ、この病気も原因は不明。
ただ、精神的な疾患とかぶって持つ方も多いことから
ストレスとかなにか脳の誤作動的な部分が大きいのでは・・・
と私は思っていますが、いずれにしろ難病です。
(難病指定されていないのが不思議なくらいしんどい病気です)

そういういきさつで長男は「ペインクリニック科」という
リウマチ患者さんの多い科に通っています。

今日は、そこの通院日だったのですが・・・とにかく「待つ」!!!
二時間程度ならすいている方。
四時間とか五時間とかが普通の世界。
つまり、この手の病気をきちんと診られる先生が
まだまだ少ないのでしょうね。。。

うちは、日本でも第一人者である先生が
たまたまごく近所の大学病院にいらっしゃったので
とてもラッキーなことでした。

精神科の主治医様(もう"様"付けちゃいます)が
この手の病気についてご存知だったこともラッキーでした。

難治な病気を抱えて「ラッキー」もないですが
でも、そんな中でも「ラッキー」と言いたくなるほど
苦しんでいる方はたくさんいるように思います。

今日、その大学病院の通院日だったのですが
「なんか新しい検査の機械があって
 今ならすぐ出来るらしいからやってもらっていい?」と長男。
それはPain Visionという物で、要は痛みを数値で表すもの。

その結果・・・長男の「痛み度」は820.7という数値だった。
これをどう見れば・・・ということだけど・・・

「普通人が耐えられる限界は100〜400
 (朝日新聞 「患者を生きる」より)
 一般的に痛い病気として知られる関節リウマチ患者の平均値は
 400(報道ステーション 「特集 線維筋痛症」による)だという」
(涙と痛みは東の岸へ置いていこう)

1000を超えると、卒倒する人もいる痛みだという。
そして、今回820だった長男の数値はあくまでも
「治療を開始して一年以上たってのもの」なのだ。
治療前の七転八倒の頃は1000以上だったんだろうな。
実際「気を失いそうなほど痛い事もあった」と、今日言っていた。

でも、痛みって本当に主観的なものだから難しい。
「すごく痛い」って言われても、確かにその痛みは私にはわからない。
だけど「痛みを数値化」なんて「ほんと?」と思ってしまうけれど
実際に「息子さんの痛みは820です」と言われると
どんなにか辛い日々だったか・・・とかわいそうに思う。
(だって、出産がせいぜい160位だって言うし・・・)
人間ってやっぱり「痛い」と泣いている本人の顔よりも
目で見える数値的なものに納得するんだ。。。
なんか、自分でちょっと情けない。。。

とにかく、今は鎮痛剤を飲みつつ、どうしてもの時は
「神経ブロック」という、患部に麻酔を打って痛みを抑える
という方法で乗り切っていくしかない。

難病指定もされていないし、だからお薬代もえらく高いけど・・・
少しでも痛みが和らぐようにするしかない現状。

それでもたぶん、この病名にたどり着き
それを診てくれる先生に出会えた長男はまだ幸せ。
日本の医師のこの病気に対する認知度は
30パーセント程度らしいから・・・それじゃあ、だめでしょう。

お医者様たち、頼むからちゃんと勉強してください。
日常 | comments(2) | -

お正月終了〜

 やっと日常生活が戻ってきた・・・
と思ったら、朝からとにかくやることが多い。

冬休み最終日を書き初めとともにすごしている次男を残し
パンを置いてもらっているお店の売り場作り。
足りないものの買い足し、ラベル作り。そしてお届け。

家にも駐車場にも出たり入ったりで
近所の人にまで「忙しそうですねー」と言われるほど。。。

夕方、やっとで今日中にやらなければならなかった事を終えて
お店に戻ったら、黒一点のK君が「おつかれー」とチャイを出してくれた。
んー、美味しい。感激です、私。

で、次男君。こちらには「全く留守状態でどーもすみません」な上
晩ご飯はお弁当を買って来ちゃったー。
まぁ、もう私がいてもいなくてもたいした違いはないお年頃だけど
さすがに放置しすぎた感じがしたので
罪滅ぼしにジェラート食べにお出かけ〜。
・・・この寒い中・・・でも、美味しかったよん。きなこジェラート。

そうそう、あちこち移動中に、今月末出店予定のファミマに寄りました。
今月の出店は1/26と27です。
今回から、毎月第4土、日・・・2レンチャン出店します。
ただし、雨天中止。
二日あれば、どっちかは晴れるんじゃないかなぁ〜って事で。

で。正月で怠けきった心身で動き回ったもんで
夕食後、コタツで居眠りしちゃって・・・
しかもかなりの爆睡だったらしく・・・
こんな時間に目がさえているという
・・・ああ、だめでしょ、これは。

明日は10時から新宿で会議があります。
八時過ぎには家を出なくちゃ・・・寝なさいっ。私。
日常 | comments(0) | -

お正月作業・家具再利用

 さてさて、今日の話題は家具の再利用です。

この写真を見て、テーブルみたいなやつ・・・

なんだかお分かりになりますか?

これは、実は次男の使っていた勉強机です。
机の上はベットになっていたものなんですが
そのためとっても頑丈だし、長さも2メートルあります。

今の家には置けなかったため、ベット部分は捨ててきました。
が、この机部分はいずれ何かに使える・・・と持参。

とりあえずお店部分置いてあったのですが
いざ、作品展示の台にでもしよう・・・と思ったら
天板からはみ出ている柱の部分が邪魔。
それでも何とか使えるかなぁ・・・と思っては見たものの
ただでも狭いのに、これは本当に意味なく邪魔。。。

というわけで「切っちゃおー」ということになりましたが
なんといっても一辺が10儖幣紊△覲兀爐任后
ちょっとのこぎりでは難ありだったので、丸のこを持ち出しました。
(実は大工道具はかなりそろっている我が家です)
それでもかなーり大変な作業でした。

物理的な作業も大変でしたが、気持ちも沈みがち。
次男は無邪気に「再利用、ありがとう〜」とか言ってましたが
「大人になるまで使えるように」と一番大きくて
頑丈なものを買ったはずだったので、なんか寂しくなっちゃって。。。
とにかく、なんとかして大事に使ってあげよう・・・と思いました。

で、手前の邪魔な柱がついている部分を
天板の端にあわせてまずはカット。
天板の下に、つっかえ棒やらつっかえプラケースをしておいて・・・
カットした部分の足を、天板の下に取り付けられるよう
長さを慎重に測ってにさらにカット。

切り出した足を天板の下にセット。
・・・してみたら・・・最初に切っちゃった横の板と
天板の裏に付けた足の間に隙間が・・・。
そりゃそうだ・・・思いっきり外側にあった足を
天板の内側につけたんだもの。。。

でも、そこは何とかしちゃうのが腕の見せ所。
切り取った足の上に出ていた部分を隙間に挟み込んで固定。

こんな感じ〜。

おおー。大丈夫じゃないですかー。
見栄えはよくないけれど、どっちにしてもこのテーブルは
下にいろんなものを収納して、上から布をかけちゃう予定だから
何の問題もありません〜♪

今はまだ、いろんなものが山のように積まれておりますが
もうちょっときれいにしてから、全体像をお見せしますね。

いやー、やれば出来るもんです。
(って、ほぼ夫のお仕事でしたが。。。)

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

お正月作業・棚撤去

 引き続き「撤去」のお話です。

次は、部屋のあちこちに無意味に
いや、以前住んでいた方にとっては意味があったのでしょうが
どうにもならないくらいの廃材を使って
ご自分で取り付けたと思われる棚の数々・・・。

出入り口の内から見て左側の棚。
これは棚としては作りは頑丈でよかったんです。
あと3僂曚姫Δ亡鵑擦萄遒蠅弔韻討△譴佚欝鄲仂欒阿任靴燭…
壁と棚の背板の間に3cmの隙間があるため
そこから外気や虫が入ってくるのですよ・・・。
そもそも、その3冑分が外と直結と言うあたり・・・
誰のせいなのか、もはやわからないのですが・・・。
とにかく、この棚も撤去して
新しくぴったりに板でも貼ろうと思っております。

さらに、あれば使ってしまうんだけれど
これがあると、壁に板を貼れないので、この辺の棚も撤去。

さらに・・・すでに撤去済みのカレンダーアルミ枠の上にも
あればまぁ便利なんですけど的棚・・・(一応言っておきますが廃材使用)

これも撤去です。。。

「どうして、よりによってこんな廃材を使ったんだろう」
と思いつつの作業でしたが・・・理由がわかりました。

前記事で「危なげな工具」を持ってきてくれたおじさんいわく
「この部屋に、二階に上がる階段があったんだけど
 この作業場を広くしたくて、階段を取り外したんだよ。
 その時に出た廃材を使って棚を作ったんだよね〜」

・・・なるほど。
階段に使っていた棚だから、やたら頑丈なんですね。。。

ちなみに、階段を取り外したのち
どうやって二階に上がったかと言うと・・・

こんな風に家の外側に鉄階段を取り付けたようです。
天空の城・・・みたいな天空の階段です。

素材はアパートなどによく使っている
こういうやつ。

これを取り付けた後で外階段ではなく内階段にすべく
トタンを張り巡らしたようです。

なので、玄関を入るとこんな風景。

外階段みたいな内階段です。

トタン一枚なので、夏はめちゃくちゃ暑くて
冬は氷点下の寒さなんですが・・・

電気もないので真っ暗かと思いきや・・・
外の街灯が半透明のトタンから透けてきて
なかなか趣がある・・・か?

まぁ、そういう階段話も聞けました。

で、階段に使っていた板で作った棚たちは
ほとんど撤去され・・・

かなり、すっきりしたでしょーーー。

アトリエが出来るまで | comments(2) | -

お正月作業・アルミ枠撤去

さて、いよいよお正月も終わりました。
今年のお正月は妙に長かった気がしますが
終わってしまったらあっという間だった気もします。。。
ま、なんでもそういうもんですよね。

このお正月の間に、MYアトリエ(どうしてもアトリエを主張)は
かなり進化したのであります。
これから何回かに分けて、その進行状況をお伝えしまーす。

まずは、よーく写真を見てください。
うちの店舗、出入り口はガラス扉4枚の引き戸なんですが
その引き戸用の枠がなぜか二重になっているのです。
写真の「カレンダー」というシールが貼ってある部分。
これ、引き戸の枠だけが残っている状態。

つまり、以前はこのカレンダー枠のところに出入り口の扉があった。
それを何らかの理由で20センチほど前に出した。
サイズや仕様が同じなところを見ると
おそらくガラス引き戸はそのまま再利用した。
その結果、手前の元出入り口だったと思われる方は
枠だけが残った・・・つまり撤去をケチった・・・。
・・・と言うわけではないかと考えます。

で、この枠を撤去したい・・・と思ったのですが
なんだか自分で出来る気がしなかったので
従姉妹の彩ちゃん(建築士さん)に見てもらいました。

「これは、ねじをはずして全部を撤去するより
 出っ張ってる部分だけ切り取るがよろしかろう。
 壁面と平らになるところで切り取って
 その上から板を張ったりするのが一番簡単ではなかろうか」
との助言をいただき、それを今回、実行してみましたー。

途中経過。


ここで切れれば、後はねじり取れるほどなんです。

取れたっ!
・・・と書くと、簡単に取れたみたいですが
とんでもなく時間のかかる作業でした。
三時間はかかった・・・と思われます。

この作業途中、近所のおじさんがふら〜っとやってきて
「簡単に切り取れるやつを貸してあげる」
となんだか危なげな工具を貸してくれました。

・・・が、それを使うのはすごく怖かったので
「きりきりきり・・・」と金物用ののこぎりで地道に・・・
ひたすら地道に作業を続けた結果カレンダー枠がなくなり

かなり、すっきりした出入り口部分であります。

アトリエが出来るまで | comments(0) | -

仕事始め

 今年のお正月ってサラリーマンにとっては
長期休暇になりうる日程だったんですねー。
知らなかったわぁ〜。
外国に行かれた方とか、さぞかし多いのでは〜?

私は正月三日目にしてお正月番組にも飽き
お餅を焼くことにも飽き・・・
受験生に勉強を強いることにも飽き(これは諦め・・・)
1人こつこつと「アトリエ」で針仕事に励んでおります。

そして、実は昨年末のクリスマス商戦時期の新作に・・・
と購入した「鹿さん」の生地使いバックが未完だったので
とにかく、それを完成させなくては・・・と。
なんとなーく、冬っぽい生地だから、冬のうちに。

それがやっと出来上がりましたよ。

こちらは「中サイズの肩掛けかばん」二点。

微妙に色違い。
肩紐の部分にはキルト芯が入っていて肩にやさしい♪
こちらは3200円

そしてこちらは「ちょっとそこまでお出かけバック」二点。


これも微妙に布あわせ柄違い。
本皮の持ち手付き。2000円。

どれも大好きなすっきりしたブルーの作品となりました。

1月12日の富士森手仕事アートマーケットに持って行きます。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
縫・編・織・染・作 | comments(0) | -

だるま市

 我が家には、とてものんびりとしている受験生がいます。
その受験生が「だるま欲しい〜。だるまに目を入れてから頑張る〜」
と言うので・・・(・`ェ´・)・・・
今年のお正月初詣はこのあたりでは有名らしい
「拝島大師」に行って参りました。

いやー、八王子に住んでずいぶんになりますが
神社仏閣には事欠かない土地ですなぁ。
あ、拝島は八王子じゃない?

とにかく、なかなか立派なもんでした。


でもって、念願のだるまがいっーぱい!

だるまばっかり・・・。

受験生君は、おみくじで「凶」をひき・・・
二度目もまた「凶」をひき・・・かなりへこんでましたが
三度目に「中吉」を引き当て、良しとした様です。
三度目の中吉でも「よっしゃーーーっ」と
雄たけび上げられる精神があれば、ま、OKでしょう。

私はこんなかわいいのを見つけました。

Blue*Benchだるま。
・・・ってワケじゃなく「風水だるま」なんだって。

これがまた「交通安全」のカラーだと言うので即買い。
なんといっても交通安全が一番ですもの。。。

さっそくBUBUちゃんに乗せました。
今年一年、私の行商に付き合っていただきましょ。
日常 | comments(0) | -

あけましておめでとうございます


 明けましておめでとうございます。 

  今年もよろしくお願いいたします。

今年は、うん、頑張りますよ。
定期的に出店する場所も三ヶ所ほど出来ましたし
古くて狭いけれど、自分用のアトリエも確保しました。
アトリエ?・・・いやぁ、そんなシャレたもんじゃないよなぁ〜。
つまりは「店舗付き住宅」というやつです。
その店舗部分を占領して、今は物置兼作業部屋になってます。

今年の目標はこのアトリエを少しずつきれいにして
みんながの〜んびりと針仕事を出来るスペースにしたい!

お店・・・にはならないかもしれないけれど
出店していないときでも、作品が見れたり
ここのところ増えてきたオーダー品を作ったり・・・
それを仲間とおしゃべりしながら出来たらいいなぁ〜
と、今のところは控えめにそう考えています。

今月、とりあえず工務店の方が天井を貼りに来てくださいます。
それ以外の壁などは自分で日曜大工する予定。

今年はその内装作業もここでUPしながら
だんだんきれいになっていく(予定の)Blue*Benchを
みなさんに楽しんでもらいたいと思います。

というわけで、今日は、荷物を運び入れる前の店舗をご紹介。

荷物運び入れ前。


荷物運び入れ後。


とにかく、自分の荷物の多さにびっくりです。

これがどんな風にきれいになっていくか・・・
本当になっていくのか・・・

ま。お楽しみに。




日常 | comments(2) | -

The しめなわ

JUGEMテーマ:今日のこと
我が家の玄関横に、クリスマス後突然出現した小屋。

おおーーー、なんとも懐かしい〜このたたずまい。。。
最近は、ホームセンターなどで
安くてかわいいお飾りを買う人のほうが多いんだろうけれど
あれは「お飾り」であって、あまりありがたくないらしい。
一方こちらは祈祷済みの「縁起物」なんだって。
・・・なるほどね。

えびや橙はともかく、ひじきみたいな海藻も絡まってるし。
かわいいとは言いがたいけれど、確かにありがたい気がする。
それに、私の新居(?)はかわいいもんとか似合う感じないし。。。
ともあれ、ご近所のよしみもあって・・・ひとつ購入。

「3500円だけど、近所だから3000円にしとく」とおばさん。
・・・けっこう縁起物って高価なのですね。。。
ま、いいか。縁起物だし。

これ、本日30日の午前中にかけるべきものらしいよ。
みんな、かけたー?あと二時間くらいだよー。
日常 | comments(0) | -

BUBUちゃんの大掃除

 今日はなんだか暖かかったので
一年間、いろいろな思い出をともにしたBUBUちゃんの大掃除。

久しぶりに荷物をぜーんぶ出して。

すっからかーん。


こんなに広かったんだねー。
今なら寝袋とか持ち込めば泊まれます。

たたまれっぱなしだった補助席も出してみた〜。
うふ、かわいい(自己満足)


・・・と、なんでもない写真をアップして終了。
Blue*Bench号の事 | comments(0) | -